FASHION

SUN.09.18
2022

【ルーズorセミフレア】今季ミューズが選ぶべき2つの「デニム」シルエット

年齢を重ねるにつれ、体形は着実に変化するもの。似合うデニムだって当然変わってきます。私たちがいま重要視すべきは、コーデの脇役ではなく主役として機能するボリューム感。古臭くならず大人に無理なくフィットする、ルーズとセミフレアの二択で。

セリーヌとジバンシィの最新デニムルックが素敵すぎて♡

SILHOUETTE.1
【ルーズデニム】

適度な重さを演出できるルーズデニムは、上コンパクト×下ボリュームのバランスを意識したスタイリングが有効。ウエストは腰ばきでもジャストでもOK。着こなしのメリハリで強調されるデニムのゆるさがヌケ感をもたらし、こなれたムードに仕上がります。だらしない印象に陥りやすいルーズ×ルーズは、大人は避けたほうがよさそう。

濃紺デニムのセットアップも
上ぴた下ゆるの旬バランスで

どことなくユニフォーム調のムードが品のよさを奏でる、パリ発のパトゥらしいセットアップ。デニムパンツ¥69,300、ジャケット¥104,500、パンプス¥104,500(全てパトゥ/イザ)

ウォッシュ入り浅色デニムは
ビビッドな色との駆け引きが楽しい

デニム以外をトーンが異なる同系色で揃えることで、カラフルながらも落ち着いた印象に。デニムパンツ¥41,250、スエット¥42,900、バッグ¥121,000(共にアクネ ストゥディオズ/アクネ ストゥディオズ アオヤマ)、パンプス¥30,800(ピッピシック/RHC

上品クラシカルなジャケットを
色落ちデニムでカジュアルダウン

デニムパンツ¥41,800(トゥ モン トレゾア/エドストローム オフィス)、ジャケット¥226,600(マディソンブルー)、ニット¥31,900(オーラリー)、バッグ¥30,800(クリスチャン ヴィラ/カレンソロジー 新宿)、サンダル¥66,000(へリュー/ギャルリー・ヴィー 丸の内店)

ルーズデニムの投入で
グッドガールな装いに洒落感を

デニムパンツ¥26,400(アンド アールシー)、サンダル¥47,300(ブレンダ/共にカレンソロジー 新宿)、カーディガン¥30,800、ブラウス¥17,600(共にマカフィー/トゥモローランド)、バッグ¥13,200(ジャミレイ/ユナイテッドアローズ六本木ヒルズ店)

SILHOUETTE.2
【セミフレアデニム】

大人の脚が一番キレイに見える形、と支持率が年々増しているフレアシルエット。なかでも、裾にかけて広がるセミフレアは、ひざ位置が高く見えて脚長効果も申し分ナシ。ただし、あくまでもボリュームは下に下に。ということで、クロップトではなくフルレングスが正解。ローファーからヒール、フラットまで、合わせる靴を選ばないのも魅力!

エフォートレスな色落ち具合が
Tシャツ×ジャケットと好相性

豪ブランドらしいレイジーな空気感が使いやすいとファン多数のデニム。デニムパンツ¥19,250(ローラス/ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム)、ジャケット¥137,500Tシャツ¥26,400(共にプラン シー/パラグラフ)、ネックレス¥116,600(ソフィー ブハイ/エスケーパーズオンライン)、サンダル¥128,700(セルジオ ロッシ/セルジオ ロッシ カスタマーサービス)

入荷後すぐに完売続き!?
こなれ感に定評ありのラフな一本

コレクションでも目を引いたタンク合わせが、何とも新鮮かつリアル。デニムパンツ¥29,700(アンスクリア/ジャーナル スタンダード レサージュ 銀座店)、ワンショルダートップス¥8, 800(ル フィル/ル フィル ニュウマン 新宿店)、ジャケット¥140,030(ナヌーシュカ/ヒラオインク)、ローファー¥46,200(ピッピシック/RHC

レイヤードもスタイリッシュに。
マザーならではの洗練シルエット

デニムパンツ¥36,300(マザー/サザビーリーグ)、タートルネックニット¥15,400(ル フィル/ル フィル ニュウマン 新宿店)、ファーベスト¥22,000(ボールジィ/トゥモローランド)、パンプス¥35,200(ピッピシック/ベイジュ)

キレイめでいてユーズド感も兼備。
シャツとの合わせも品よくキマる

デニムパンツ¥25,300RHCRHC ロンハーマン)、シャツ¥64,900(アンスクリア/アマン)、バッグ¥81,309(ナヌーシュカ/ヒラオインク)、サンダル¥66,000(リビアナ コンティ/グルッポタナカ)

いかがでしたか? 次回はデニムを合わせることで気負わず攻略できる、秋冬トレンドを取り入れたコーディネートをご紹介します。

photograph:KIYOE OZAWA / styling:KASUMI KATO / hair:HORI[bNm] / make-up:AIKO ONO / model:MAYUMI SADA, SERI IWAHORI / text:NAO MANITA[BIEI]

otonaMUSE 2022
10月号より

Pickup

Weekly ranking