PR

INDIVI

INDIVI
佐田真由美が出会う
毎日愛せるコートとニット

佐田真由美 mayumi sada INDIVI

上質ベーシックを愛する私たちのクローゼットに欠かせない、大人の日常着が見つかるブランド「インディヴィ」。今回の特集では真冬に向かうこれからの季節に欠かせないコートとニットにフォーカス!

一目で恋に落ちるみたいに
さり気ないのに
記憶に残るテーラーコート

シンプルなのにハッとする―、それって実は一番難しい。奇をてらわずに着る人のナチュラルな美しさを引き出してくれる神コートをインディヴィで発見! ふっくらと肉感ある上質なウールのリバー素材で仕立てたテーラーコートは、今季トレンドのミドル丈。ジャケットライクにハンサムな印象で着こなせて、どんなシーンでも活躍するシンプリシティが魅力的。より凛とした美しさを引き出したいならリュクスなホワイトに挑戦を。

丁寧に作られたメイド イン ジャパンのコートは素材にもこだわりが。使用しているウールは、通常コート地に用いるレベルより繊細なSuper140'sという糸を原料とした二重織素材。それを国内の工場で特殊加工を施し、ツヤのある表情と風合を実現。ファッション性以上に、軽くて暖かい着心地を追求しているのが素晴らしい。ちなみに肩をドロップさせ、カマ底も下げて、抜け感のある柔らかい雰囲気に仕立てたコートは、厚手のニットの上から羽織っても窮屈さを感じないリラックスしたサイジング。長いシーズン楽しめるところも、今の気分にフィット。

上品なモード感がいい!
冬景色に映える爽やかな
綺麗色のノーカラーコート

寒い季節の印象を決めるのはアウター。だったら、今年は上質なウールのリバー素材を最大限いかしたショート丈のノーカラーコートで、重くマットになりがちな冬コーデに、さようなら。ポイントはカーディガン感覚で着こなせる軽やかな丈感と、冬の澄んだ空気に映える綺麗色。クラシカルなフォルムだからこそ、色で女っぽさを足す遊びが品よくいきる!

さり気ないトレンド感が
大人のこなれコーデを叶える
ベーシックニット三選!

保温性に優れた上質なカシミア混ウールを使ったベーシックニットは、「着心地・着まわし力・プライス」三拍子揃ったインディヴィの大ベストセラー。今年は同素材で新デザインと多彩なカラーバリエーションを加え、パワーアップして登場! 世界情勢で原料・為替が高騰する中、企業努力で去年と変わらないプライスなのも嬉しい♡

愛用者が多い元祖ベーシックハイネックプルオーバーは、今年もカラバリ豊富に登場。今季のイチオシカラーは、このシトラスイエローです。そしてこのニット、ベーシックと銘打っていても、ただのシンプルで終わらないこだわりが細部にたっぷり。ラインを拾わない程よいサイズ感、裾のリブやスリット、アウトリンキングも抜け感ある女性らしさを演出。

着回しの幅が広いミドルゲージのプルオーバーは、程よいゆとりのあるシルエット。だから1枚ではもちろん、こんな風にインナーにシャツなどをレイヤードして着ても素敵!

こなれ感たっぷりなVネックニットは、ヒップが隠れるくらい着丈長めなIラインでスッキリ着やせ効果抜群。あまりの使い勝手のよさに、カラバリで揃えたくなる1枚。

トレンドカラー“パープル”をきかせた
コラボニット完成!

リラックス感漂うベーシックハイネックプルオーバーに、ミューズコラボとしてスペシャルカラーの2型(無地とボーダー)が加わりました。選んだのはトレンドカラーのパープル。パステル過ぎず、かといって濃過ぎない、着こなしやすい色にこだわっています。定番色は、もう揃えている人も多いであろうミューズ世代、買い足すなら主役級の存在感を放つ旬の色こそぜひ!

コラボのボーダーニットに、無地のコラボニットを巻いて全身パープルの濃淡で統一したスタイリング。ボーダーはパープルと杢グレーと掛け合わせることで、程よいカジュアル感をプラス。華やかな色の服を着慣れない人も、気負いなくトライできるはず!

お問い合わせ先
ワールドカスタマーセンター
0120977-917

INDIVI オンラインストアはこちら INDIVI 公式Instagramはこちら

photograph:MAI KISE / styling:KASUMI KATO / hair & make-up:MIKA IWATA[mods hair] / model:MAYUMI SADA

Pickup

Weekly ranking