FASHION

THU.10.21
2021

この秋、何が流行る?
なんでも知ってるPRの証言7

今季、「欲しい」アイテムをリサーチ! 超個人的なウィッシュリストから展示会で評判だったアイテムまで、目にも楽しい新作アイテムが満載。ああ、なんで物欲ってこうも消えないんでしょうね……! 今回は、抜群の目利きとセンスの光るPRチームから、今季これだけは押さえておきたい! という証言を7つご紹介。

スタイリスト川瀬英里奈さんの「欲しい」4

PRの証言1
「グレーがやたら気になります」

レイヤードニットセット¥35,200(ウーア/スピック&スパン ルミネ有楽町店)、コート¥275,000、パンツ¥53,900(共にエイトン/エイトン青山)、ピアス¥11,000(メラキ/フラッパーズ)、バッグ¥55,000(オソイ/ガリャルダガランテ 表参道店)

このところベージュやブラウンが主流、なシーズンが続いていましたが、とうとうこの秋冬グレーが復権しそうな予感。コートはもちろん、ニットや小物までレイヤードして楽しみましょう!

ebure PR 中田諭希子さんのオススメ。毎年評判のカシミア100%のリバー仕立て。最高級のホワイトカシミアを使用。コート¥319,000ebure

フリーPR 河野なみこさんのオススメ。今季ウーアは黒よりグレーのようなニュアンス色が豊富。ニット¥28,600(ウーア/ジャーナル スタンダード レサージュ 銀座店)

ユナイテッドアローズ プレス 家城麻依子さんのオススメ。「ピッピシックのUA別注カラーはフラット仕様です!」(家城さん)靴[ヒール0.5㎝]¥33,000(ピッピシック/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店)

PRの証言2
「花柄ドレスが局地的に大人気!」

アルアバイル プレス 戸松万記さんオススメ。ドレス¥42,900(ルル・ウィルビー/アルアバイル)、バッグ¥19,800a point etc/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店)、靴¥154,000(マノロ ブラニク/ブルーベル・ジャパン)、ピアス※シングル¥61,600(シハラ/シハラ ラボ)

グリーンのベースに、ピンクの大花柄は、インポート生地。派手に見える柄ドレスですが、意外と今の気分にハマる!? ドラマティックに揺れるお袖のこちら、展示会でも大人気だったそう!

PRの証言3
「アクセはゴールド&シルバーMIX

ete プレス 田村彩さんオススメ。「耳にも指にも使えるリングカフが好評です!」(田村さん)右手人さし指のリング[SV925×PTP]¥9,900、右手薬指のリングカフ[SV925×YGP×PTP]¥12,100、左手人さし指のリングカフ[K10YG×ナチュラルブラウンダイヤモンド×淡水パール]¥37,400(全てete)、左手中指のパールリング[K14YG×淡水パール]¥77,000、リング[K14YG]¥66,000(共にミズキ/ロンハーマン)、イヤリング¥3,520(シップス/シップス ルミネ新宿 ウィメンズ店)、ニット¥47,300(カバナ/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店)

アクセサリーは引き続きゴールド&シルバーのMIXコーデが主流。eteのリングカフのように耳にも指にもサラッと着けられてスタイルを問わない、モダンなデザインが人気!

PRの証言4
「ダウンは指名制です」

タトラスインターナショナル プレス 浅沼瑞栄さんオススメ。ミリタリー調のフラップポケットも洒落てる。間違いない1着。ダウンコート¥148,500(タトラス/タトラスインターナショナル)

ダウンコートはやはり安定の老舗ブランドから売れていく傾向。一方、今年注目のキルティングコートはデザイン性の高いもので遊ぶ傾向があり。どちらにしても、暖かくて幸せ♡

PRの証言5
「ロマンティックなブラウスがやっぱり好き」

S&T プレス 中嶋杏里さんオススメ。ブラウス¥57,200Sea New York/エスアンドティ)、デニム¥20,900(ザ シンゾーン/Shinzone ルミネ有楽町店)、イヤリング¥64,900(ハルポ/ロンハーマン)

買い付けが多く、色違いのブラックも人気が高いこちらのビッグカラーブラウス。パンツとの相性もよく、甘め気分をまといたい大人にこのくらいがちょうどいい、と評判なんです。

PRの証言6
「ざっくりニットの当たり年!」

CASA FLINE プレス 菅真由子さんオススメ。「展示会で一番人気があった手編みのニットです!」(菅さん)アルパカとウールを使用。ハンドニット¥39,600(カーサフライン/CASA FLINE表参道本店)

今季は例年以上にケーブルニットの種類が豊富。ナチュラルな雰囲気のベーシックなタイプから襟付きなど旬の要素が盛り込まれたものまで選びたい放題かも! いいもの、見つけましょ。

PRの証言7
「レザーは持つんじゃなく、着る」

プルミエ アロンディスモン プレス 足立優子さんオススメ。「展示会ではポンチョとコーデしたボディが大好評でした」(足立さん)オーバーオール¥31,900(ベルウィッチ/プルミエ アロンディスモン)、ニット¥9,900(シップス エニィ/シップス エニィ 渋谷店)、靴¥52,800J&M デヴィッドソン/J&M デヴィッドソン 青山店)

イタリアのパンツブランド、ベルウィッチのシンセティックレザーオーバーオールのように、バッグや靴、コートだけでなく身にまとうレザーアイテムも多い! 気分、変わりますよ。

photograph:CHIHIRO TAGATA(model), MAYA KAJITA[e7](still) / styling:ERINA KAWASE / hair & make-up:KYOHEI SASAMOTO[ilumini.] / model:MAYUMI SADA /
web edit:ANNA TOGASHI

素材表記:SV925=シルバー925PTP=プラチナメッキ、YGP=イエローゴールドメッキ、K14YG=14金イエローゴールド、K10YG=10金イエローゴールド

otonaMUSE 2021
11月号より

Pickup

Weekly ranking