FASHION

TUE.11.01
2022

佐田真由美×中澤咲希「好きなものを、好きなように来てほしい」&MAYUMI vol.10はメンズブランドにフィーチャー

sada mayumi 佐田真由美 otona MUSE連載 &MAYUMI

ジャケット¥88,000、パンツ¥42,000(共にエムエーエスユー/ソウキ)、トップスはスタイリスト私物

directed by SAKI NAKAZAWA

モデル佐田真由美がクリエイターを招き、自由にディレクションしてもらう隔月連載。今月は、今注目を集める日本のメンズブランドを中澤咲希さんに提案していただきました。

sada mayumi 佐田真由美 otona MUSE連載 &MAYUMI

ベスト¥31,900(コグノーメン/サカス ピーアール)、パンツ¥74,800(ナイスネス/イーライト)、ベルト¥20,350(フット・ザ・コーチャー)、バングル¥52,800(エンド/共にギャラリー・オブ・オーセンティック)、ブレスレット¥105,600(バウゴヘイアン)、ブーツ¥88,000※参考価格(ガニー)、Tシャツ、左腕のブレスレットはスタイリスト私物

好きなものを、好きなように着てほしい

「オファーをいただいた際、絶対真由美さんに着ていただきたいと思ったのが、扉の赤いジャケットです。コロナ禍を経て、一層ジェンダーレスになってきているファッション界。なかでも日本のメンズブランドの人気やクオリティが加速していて。メンズ服や新しいブランドは“若者の着るもの”だと思われがちですが、普段からメンズアイテムをミックスしてスタイリングをされている真由美さんだからこそ、年齢やジェンダーを超えて着ていただきたいと思いました。いくつになっても好きなものを好きなように着る、そんな姿勢を貫けば、パーソナリティが際立ち、一層素敵に映ると思うんです。真由美さんは何を纏っても真由美さんらしい、そんなパーソナリティが溢れる撮影になりました」

sada mayumi 佐田真由美 otona MUSE連載 &MAYUMI

カーディガン¥42,900(アンユーズド/アルファPR)、シャツ¥46,200、デニム¥72,900(共にセブン バイ セブン/サカス ピーアール)、ベルト¥14,300(トリー レザー/メイデン・カンパニー)、ネックレス¥37,400(リューク)、Tシャツはスタイリスト私物

sada mayumi 佐田真由美 otona MUSE連載 &MAYUMI

ジャケット¥84,700(エムエスユー/ソウキ)、シャツ¥42,900(ナイスネス/イーライト)、パンツ¥29,700(フォーサムワン/エドストロームオフィス)

SAKI NAKAZAWA

椎名直子に師事し、2022年に独立。ウィメンズ誌でのモードなスタイリングはもちろん、メンズファッションにも造詣が深く、インデペンデントマガジンでのスタイリングも多く手がける。

direction&styling : SAKI NAKAZAWA / photograph : NAOTO USAMI / hair & make-up : HIROKO ISHIKAWAeek model : MAYUMI SADA

Pickup

Weekly ranking