FASHION

FRI.11.18
2022

ボアや付け襟など遊び心のある小物を足して、シンプルなノーカラーコートを味変!

ボアや付け襟など遊び心のある小物を足して、シンプルなノーカラーコートを味変

コートって値段も張るし、そもそも何枚も買えるものじゃないですよね。シーズン中は毎日同じコート、なんてことも珍しくないと思うのですが……。その結果コーディネートは代わり映えせず、気分も上がらない! ということで、ここではコートの着こなしの幅を広げるべく、小物使いについてクローズアップ。これで手持ちの定番コートも新鮮な気持ちで着られるはず!

ウエストマーク、厚底ロングブーツetc. 重たくなりがちなロングコートの着こなしにはメリハリを

シンプルなノーカラーコートは
ボアの小物や付け襟で
盛ってあげると気分も変わる!

使い勝手の良いノーカラーコートですが、スッキリとした印象ゆえに物足りなさを感じることも。そんなとき、遊び心のある小物で盛ってあげると! ボア小物はボリュームが出て分かりやすく可愛いし、付け襟はドレスアップしたいシーンでも活躍してくれます。

ボアでコートをアレンジした竹下玲奈さん

ボア小物はカジュアルなスタイルにマッチ。コート¥174,900(マディソンブルー)、トートバッグ[H35×W40×D17㎝]¥80,300(カルス/アマン)、サンダル[ヒール3㎝]¥38,500(ヒューン/ジャーナル スタンダード レサージュ 銀座店)、パーカ¥31,900(アメリカーナ/アパルトモン 青山店)、シャツ¥34,100(ロエフ/エイチ ビューティ&ユース)、タートルネックニット¥8,990(プラステ)、チェックパンツ¥30,140(ビームス ボーイ/ビームス 新丸の内)、ピアス¥35,200、バングル¥63,800(共にブランイリス/ブランイリス トーキョー)、ソックス¥3,300(ブルー フォレ/RHC ロンハーマン)

【コーデをアップデートする小物選びの正解は?】
分かりやすくベージュや白のボアを

ボア小物

今季は黒やグリーンなどのボア小物も出ていますが、ここでは王道の可愛さをアピールできるベージュや白のモコモコ推し! 右から:ボアバッグ[H14×W22.5×D1.5cm]¥31,900(オルセット/エストネーション)、ボアブーツ[ヒール6.5cm]¥88,000(ネブローニ/アッシュプラスエリオトロープ)

付け襟でコートをアレンジした竹下玲奈さん

白い付け襟が目立つように他は黒多めのスタイリング。コート¥174,900(マディソンブルー)、付け襟¥27,500(キャサリン オスティ/エストネーション)、タートルネックニット¥30,800(レリタージュ マルティニーク)、バッグ¥52,580(オソイ/共にマルティニーク ルコント ルミネ 有楽町)、デニムパンツ¥51,700(マディソンブルー/ドゥーズィエム クラス 札幌ステラ)、眼鏡¥37,400(モスコット/モスコット トウキョウ)、パンプス¥70,400(ペリーコ/アマン)

【コーデをアップデートする小物選びの正解は?】
レースなど軽やかな素材の付け襟でドレスアップ♡

付け襟カタログ

なるべく繊細なものをチョイスして、無骨な厚手のコートにレディな付け襟というギャップを楽しんで。簡単かつ効果的で◎。上から:黒レース付け襟¥9,075(カロリナ グレイサー/ビームス公式オンラインショップ)、白レース付け襟¥3,740(ビームス ボーイ/ビームス 新丸の内)

リバー仕立てのコート、マディソンブルー

着用しているノーカラーコートはマディソンブルー! フレアなシルエット&七分袖が女っぽい、リバー仕立てのコート。¥174,900(マディソンブルー)

photograph:SHOHEI KANAYA(model), MAYA KAJITA[e7](still), AFLO / styling:YASUKO ISHIZEKI / hair&make-up:TOMOE NAKAYAMA / model:RENA TAKESHITA
※靴のヒールの高さ、バッグのサイズは全て編集部調べ

otonaMUSE 2022
12月号より

Pickup

Weekly ranking