FASHION

カラーアウターも旬なショート丈で。「アキラナカのボアジャケット」を着まわし【トーキョーカジュアル派の三女・栞里の場合】

アキラナカのボアジャケットを使った着まわしコーディネート
オトナミューズ1月号では真由美・玲奈・栞里が三姉妹というちょっとワクワクした設定でお送りします。年齢も職業もファッションの好みも違う3人が12着という限られたワードローブを着まわす16日間。三女・栞里は「トーキョー カジュアル」が信条。 TVで大活躍のモデルでタレントの三女栞里は、ひとくせあるキャッチーなブランドに詳しいトレンドセッター。スタイリストさんが借りてきてくれた衣装から、常に新しいトレンドやブランド情報をキャッチアップ。プライベートは地味でも、服は派手♡ そんな栞里の着まわしテクニック披露しちゃいます。
佐田真由美・竹下玲奈・佐藤栞里が姉妹に⁉【ミューズな三姉妹の夢見るクローゼット】上品な「オーラリーのロングコート」を着まわし【トーキョーカジュアル派の三女・栞里の場合】

着まわしたアイテムはコレ!
「AKIRANAKAのボアショートジャケット」

アキラナカのボアジャケット

「テンションの上がるカラーアウターは栞里の定番」軽くて暖か、しかもバランスが取りやすいショート丈のボアジャケットは、栞里のお気に入り。カラーアウターは着ているだけで、気分が上がります。ボアジャケット¥86,900(アキラナカ/ハルミ ショールーム)

Day1
とっておきのドレスを着て
今日はママと洒落ランチ

いい年をして何なのですが……、末っ子ということもあり、両親とはとても仲よし。今でも休日は結構一緒に過ごします。今日はママと二人で、おしゃれなランチを食べに。ママのお誕生日が近いので、プレギフトでお花も用意しちゃいました。ちょっと大きめにモダンに作ってもらいました。
アキラナカのボアジャケットを使った着まわしコーディネート

ボアジャケット¥86,900(アキラナカ/ハルミ ショールーム)、ドレス¥71,500(ジャンシドゥーム)、中に着たニット¥30,000(ベース マーク/エム)、パールピアス¥27,500(SIENA ROSE/シエナロゼ表参道ヒルズ店)、パープルバッグ¥24,200(ヤーキ/ヤーキ オンラインストア)、ロングブーツ¥27,500(AMERI/Ameri VINTAGE)

Day2
隙間時間に野球観戦!
高校野球が大好き♡

実は予選も観戦しちゃうほど、高校野球のファン。真夏のオフは完全に野球に捧げる私です。この日は近所の球場で練習試合中だったので、つい立ち止まってしまいました。ボアジャケットに最高に楽なロングブーツで、防寒対策も万全。何時間でも観ていたい気持ち。
アキラナカのボアジャケットを使った着まわしコーディネート

ボアジャケット¥86,900(アキラナカ/ハルミ ショールーム)、ニット¥30,000(ベース マーク/エム)、スカート¥46,200(トーガ プルラ/TOGA 原宿店)、足元に置いたチェックマフラー¥7,920 (レレ/ジャーナル スタンダード 自由が丘店)、バッグ¥61,600(TOGA PULLA/TOGA 原宿店、ロングブーツ¥27,500(AMERI/Ameri VINTAGE)

Day3
収録のある日曜日!
今日は地方ロケ

年下なのにとっても仲よくさせてもらっているあの大人気女優様とテレビのロケ。1日中かかるロケでも、2人でいるとずっと笑っていて時間を忘れます。ロケバスに長時間乗るので、デニムにスエットが最高。
アキラナカのボアジャケットを使った着まわしコーディネート

ボアジャケット¥86,900(アキラナカ/ハルミ ショールーム)、ロゴスエット¥29,700(ナゴンスタンス)、デニムパンツ¥25,300 (ジェーン スミス/ザ ファクトリー)、シルバーネックレス¥93,500(プティローブノアー)、柄バッグ¥24,200 (キリム アーツ/ジャーナル スタンダード 自由が丘店)、ベージュシューズ¥62,700(へリュー/ショールーム セッション)

Day4
ジム&メンテナンスで
からだと向き合う1日

30歳になってからやっぱり運動の重要性を感じるように。筋トレのあとは、ヘアサロンへ。よく行く場所ばかりなので、超ラフなスタイルで。誰かにばったり会ったら、ちょっと恥ずかしいかも!?
アキラナカのボアジャケットを使った着まわしコーディネート

ボアジャケット¥86,900(アキラナカ/ハルミ ショールーム)、ニット¥30,000(ベース マーク/エム)、スラックス¥74,800(カナコ サカイ)、ニットキャップ¥7,920(ツイードミル/ジャーナル スタンダード 自由が丘店)、アームウォーマー¥9,900(エストネーション/エストネーション)、スニーカー¥102,300(ピエール アルディ/ピエール アルディ 東京)

いかがでしたか? 次回は、「JANCIDIUMの花柄ドレス」を使った着まわしコーディネートをご紹介します。お楽しみに♡

photograph:YUYA SHIMAHARA[model],MAYA KAJITA(e7)[still] / styling:AKIKO KIZU / hair & make-up:NOZOMI KAWASHIMA[io] / model:SHIORI SATO

otonaMUSE 2023年1月号より

FASHION TOP

SHARE

  • x
  • facebook
  • はてなブックマーク
  • LINE

Pickup

Weekly ranking

VIEW MORE