FASHION

パンチのあるステッチが♡ 「ナゴンスタンスのロゴスエット」を着まわし【トーキョーカジュアル派の三女・栞里の場合】

ナゴンスタンスのロゴスエットを使った着まわしコーディネート
オトナミューズ1月号では真由美・玲奈・栞里が三姉妹というちょっとワクワクした設定でお送りします。年齢も職業もファッションの好みも違う3人が12着という限られたワードローブを着まわす16日間。三女・栞里は「トーキョー カジュアル」が信条。 TVで大活躍のモデルでタレントの三女栞里は、ひとくせあるキャッチーなブランドに詳しいトレンドセッター。スタイリストさんが借りてきてくれた衣装から、常に新しいトレンドやブランド情報をキャッチアップ。プライベートは地味でも、服は派手♡ そんな栞里の着まわしテクニック披露しちゃいます。
「オオシマレイのフリルブラウス」を着まわし【トーキョーカジュアル派の三女・栞里の場合】「ジャンシドゥームの花柄ドレス」を着まわし【トーキョーカジュアル派の三女・栞里の場合】上品な「オーラリーのロングコート」を着まわし【トーキョーカジュアル派の三女・栞里の場合】「アキラナカのボアジャケット」を着まわし【トーキョーカジュアル派の三女・栞里の場合】

着まわしたアイテムはコレ!
「någonstansのロゴスエット」

ナゴンスタンスのロゴスエット

カラフルな刺繍ロゴがキャッチーなスエット。サイドにスリット入り。ストンと落ちるシルエットかつウエストインもアウトも可能なので、パンツにもスカートにも合わせやすい。ロゴスエット¥29,700(ナゴンスタンス)

Day1
マネージャーのたみこさんと
待ち合わせて、打ち合わせ

外の人には優しく、タレントには厳しいマネージャーのたみこさんとミーティング。今後のスケジュールの整理や、秘密の話もいろいろ(笑)。たみこさんの的を射たダメ出しで、自分に活を入れます。今日はこの後の予定も夜までかかりそうだったので、厚手のコートを羽織って防寒を万全に。
ナゴンスタンスのロゴスエットを使った着まわしコーディネート

ロゴスエット¥29,700(ナゴンスタンス)、コート¥121,000(オーラリー)、スカート¥46,200(トーガ プルラ/TOGA 原宿店)、イエローフープピアス¥47,300(スワロフスキー・ジュエリー/スワロフスキー・ジャパン)、パープルバッグ¥24,200(ヤーキ/ヤーキ オンラインストア)、ロングブーツ¥27,500(AMERI/Ameri VINTAGE)

Day2
実はアートに興味津々。
美術館巡りも趣味のひとつ

美術館も博物館も、意外と好き。気になった展覧会があれば、どこでもひとりでさっと行くタイプです。館内でコートが邪魔になるので、今日はブラウスにスエットを重ねて、軽やかでも適度に暖かいを目指してコーディネートしてみました。
オオシマレイのコットンフリルブラウスを使った着まわしコーディネート

ロゴスエット¥29,700(ナゴンスタンス)、フリルブラウス¥41,800(オオシマレイ/マチュピチュ)、スラックス¥74,800(カナコ サカイ)、マーガレットイヤリング¥30,800(プティローブノアー)、バッグ¥61,600、レースアップシューズ¥80,300(共にTOGA PULLA/TOGA 原宿店)

Day3
収録のある日曜日!
今日は地方ロケ

年下なのにとっても仲よくさせてもらっているあの大人気女優様とテレビのロケ。1日中かかるロケでも、2人でいるとずっと笑っていて時間を忘れます。ロケバスに長時間乗るので、デニムにスエットが最高。
ナゴンスタンスのロゴスエットを使った着まわしコーディネート

ロゴスエット¥29,700(ナゴンスタンス)、ボアジャケット¥86,900(アキラナカ/ハルミ ショールーム)、デニムパンツ¥25,300 (ジェーン スミス/ザ ファクトリー)、シルバーネックレス¥93,500(プティローブノアー)、柄バッグ¥24,200 (キリム アーツ/ジャーナル スタンダード 自由が丘店)、ベージュシューズ¥62,700(へリュー/ショールーム セッション)

Day4
ロケ&スタジオ収録2本立て!

東京の下町で芸人の皆さんとワイワイ大笑いのロケをして、その後はスタジオで、バラエティ三昧の1日。トークがうまく流れるように、そっと気を使っています。完全にリラックス重視のスタイリングです。
ナゴンスタンスのロゴスエットを使った着まわしコーディネート

ロゴスエット¥29,700(ナゴンスタンス)、ニットパンツ¥97,900 (ペレック/タク&コー)、ニットキャップ¥7,920(ツイードミル/ジャーナル スタンダード 自由が丘店)、柄バッグ¥24,200(キリム アーツ/ジャーナル スタンダード 自由が丘店)、ベージュシューズ¥62,700(へリュー/ショールーム セッション)

photograph:YUYA SHIMAHARA[model],MAYA KAJITA(e7)[still] / styling:AKIKO KIZU / hair & make-up:NOZOMI KAWASHIMA[io] / model:SHIORI SATO

otonaMUSE 2023年1月号より

FASHION TOP

SHARE

  • x
  • facebook
  • はてなブックマーク
  • LINE

Pickup

Weekly ranking

VIEW MORE