FASHION

ランウェイもストリートも「グレー」一色! 今すぐマネできるファッショニスタの着こなし13選

ランウェイもストリートも「グレー」一色! 今すぐ真似できる着こなしテク

PHOTO GALLERY

今季、なんといっても注目したいキーワードは「グレー」。合わせ方次第では貫禄がでてしまったり、ぼやけた印象になってしまう難しいカラーでもありますが、今シーズンは1アイテムくらいはトライしたいところ。

 

今回は海外ファッショニスタたちの着こなしをご紹介。旬なアイテムこそ安定感のある黒より、「グレー」を選ぶのが今シーズンは正解のよう!

LOEWEもMIU MIUもランウェイは「グレー」が席捲! リアルに今すぐマネしたいルックを厳選大トレンドは「グレー」。まずは濃淡異なるグレーのニットを重ねて全身でニュアンスを堪能して
ユニークなシルエットのニットカーディガンには、同素材のクロップトパンツを。主役級のボリューミーなシューズや大ぶりのジュエリーが引き立つコーディネート。

ユニークなシルエットのニットカーディガンには、同素材のクロップトパンツを。主役級のボリューミーなシューズや大ぶりのジュエリーが引き立つコーディネート。

シックな印象に転びやすいグレーは、デニム素材で取り入れればぐっとストリートな印象に。

シックな印象に転びやすいグレーは、デニム素材で取り入れればぐっとストリートな印象に。

スクールガールを思わせる白シャツ×白ソックスの合わせも、柄のタイや変形スカートを合わせてモードに着こなして。

スクールガールを思わせる白シャツ×白ソックスの合わせも、柄のタイや変形スカートを合わせてモードに着こなして。

トレンディなミニスカートはジャケットを合わせて大人っぽく。

トレンディなミニスカートはジャケットを合わせて大人っぽく。

ジャケットの下からチラリと見える白カットソーと肌のバランスが絶妙な、スタイリストのアレックス・カール。

ジャケットの下からチラリと見える白カットソーと肌のバランスが絶妙な、スタイリストのアレックス・カール。

ぎりぎりを攻めた短丈ジャケットやビジュー付きのスカートで、BCBGなふりをした大人なスクールガールの着こなし。

ぎりぎりを攻めた短丈ジャケットやビジュー付きのスカートで、BCBGなふりをした大人なスクールガールの着こなし。

大胆にジャケットを素肌に羽織ったスタイリング。メイクやジュエリー、ボトムを同色でまとめて、脱センシュアルな着こなしが絶妙。

大胆にジャケットを素肌に羽織ったスタイリング。メイクやジュエリー、ボトムを同色でまとめて、脱センシュアルな着こなしが絶妙。

単調な印象になりやすいセットアップだけど、ボリューミーなチュールがレイヤードされたものを選ぶだけで、ぐっと旬な印象に。

単調な印象になりやすいセットアップだけど、ボリューミーなチュールがレイヤードされたものを選ぶだけで、ぐっと旬な印象に。

グレー1色のコーディネートは難しいわ……、という方は、まずジャケットからトライするのがオススメ。差別化を図ってデザイン性があるものを選ぶのが洒落見えするコツ。

グレー1色のコーディネートは難しいわ……、という方は、まずジャケットからトライするのがオススメ。差別化を図ってデザイン性があるものを選ぶのが洒落見えするコツ。

同じジャケットを羽織っている人を見つけるほうが困難かも? ポケットがハート形になったジャケットにキュンとしてしまうコーディネート。旬なシルバーのロングブーツを合わせるテクも♡。

同じジャケットを羽織っている人を見つけるほうが困難かも? ポケットがハート形になったジャケットにキュンとしてしまうコーディネート。旬なシルバーのロングブーツを合わせるテクも♡。

一見ベーシックなアイテム合わせだけれど、ジャケットのサイズ感やディテールを少し変えるだけで旬な印象に。

一見ベーシックなアイテム合わせだけれど、ジャケットのサイズ感やディテールを少し変えるだけで旬な印象に。

ランウェイでも大人気だった「ノーボトムルック」を、ストリートで発見! 実際にトライするならもうちょっと丈があるものを合わせるのがリアルかも。

ランウェイでも大人気だった「ノーボトムルック」を、ストリートで発見! 実際にトライするならもうちょっと丈があるものを合わせるのがリアルかも。

淡いトーンのグレーはフェミニンな印象になって◎。ブラックピンクのジェニーが流行らせたと言っても過言ではない前髪ピンにも注目。

淡いトーンのグレーはフェミニンな印象になって◎。ブラックピンクのジェニーが流行らせたと言っても過言ではない前髪ピンにも注目。

埋もれがちな「グレー」ですが、今シーズンは洒落見えに欠かせません。クローゼットを見直してみると、案外グレーのアイテムは多いはず。ぜひスタイリングの参考にしてはいかがでしょうか?

この記事の画像一覧

  • ユニークなシルエットのニットカーディガンには、同素材のクロップトパンツを。主役級のボリューミーなシューズや大ぶりのジュエリーが引き立つコーディネート。
  • シックな印象に転びやすいグレーは、デニム素材で取り入れればぐっとストリートな印象に。
  • スクールガールを思わせる白シャツ×白ソックスの合わせも、柄のタイや変形スカートを合わせてモードに着こなして。
  • トレンディなミニスカートはジャケットを合わせて大人っぽく。
  • ジャケットの下からチラリと見える白カットソーと肌のバランスが絶妙な、スタイリストのアレックス・カール。
  • ぎりぎりを攻めた短丈ジャケットやビジュー付きのスカートで、BCBGなふりをした大人なスクールガールの着こなし。
  • 大胆にジャケットを素肌に羽織ったスタイリング。メイクやジュエリー、ボトムを同色でまとめて、脱センシュアルな着こなしが絶妙。
  • 単調な印象になりやすいセットアップだけど、ボリューミーなチュールがレイヤードされたものを選ぶだけで、ぐっと旬な印象に。
  • グレー1色のコーディネートは難しいわ……、という方は、まずジャケットからトライするのがオススメ。差別化を図ってデザイン性があるものを選ぶのが洒落見えするコツ。
  • 同じジャケットを羽織っている人を見つけるほうが困難かも? ポケットがハート形になったジャケットにキュンとしてしまうコーディネート。旬なシルバーのロングブーツを合わせるテクも♡。
  • 一見ベーシックなアイテム合わせだけれど、ジャケットのサイズ感やディテールを少し変えるだけで旬な印象に。
  • ランウェイでも大人気だった「ノーボトムルック」を、ストリートで発見! 実際にトライするならもうちょっと丈があるものを合わせるのがリアルかも。
  • 淡いトーンのグレーはフェミニンな印象になって◎。ブラックピンクのジェニーが流行らせたと言っても過言ではない前髪ピンにも注目。

PHOTO GALLERY

otona MUSE S

SHARE

  • x
  • facebook
  • はてなブックマーク
  • LINE

Pickup

Weekly ranking

VIEW MORE