FASHION

オトナミューズ編集部

オトナミューズ編集部

同素材のパンツとセットアップで着たい! 加藤かすみさんイチオシ【サードマガジン】の半袖シャツ

半袖シャツ¥29,700(サードマガジン)、ショートパンツ¥25,300(サードマガジン)、キャップ¥36,300、バッグ¥94,600(共にJWアンダーソン/JW ANDERSON 渋谷店)、シューズ¥59,400(パロマバルセロ/ハウス オブ ロータス)

「シャツというとついクラシックな定番に手を出しがちな方が多いのだけれど、シャツこそ程よく女らしさがあるものを選んだ方が結果着やすいし、スタイリングの主役にできる気がします」とスタイリスト加藤かすみさん。ついジャケットのインナーや、パンツの合わせなどの脇役にしてしまいがちなシャツですが、ここではコーデのメインになれるシャツを厳選してピックアップ!

今季はシアーシャツが狙い目! 加藤かすみさんが絶対的信頼を寄せる【アパルトモン】の名品シャツ着るだけでキマる。スタイリスト加藤かすみさん流、ミューズ的シャツとブラウスの選び方

SPECIALTY SHIRT
サードマガジン

半袖シャツ¥29,700(サードマガジン)、ショートパンツ¥25,300(サードマガジン)、キャップ¥36,300、バッグ¥94,600(共にJWアンダーソン/JW ANDERSON 渋谷店)、シューズ¥59,400(パロマバルセロ/ハウス オブ ロータス)

半袖シャツ¥29,700(サードマガジン)、ショートパンツ¥25,300(サードマガジン)、キャップ¥36,300、バッグ¥94,600(共にJWアンダーソン/JW ANDERSON 渋谷店)、シューズ¥59,400(パロマバルセロ/ハウス オブ ロータス)

「機能性素材を使用していたりデイリーに使いやすく、細部にまでこだわりが。圧倒的に着やすい!」(加藤さん)


同素材のパンツとのセットアップ推し!
「今日も現場でフォトグラファーも編集担当も私もセットアップで買いたいって盛り上がったスタイリング。楽なのにキマるから、これはこの夏の鉄板コーデになりそう。大人好みのショート過ぎないパンツ丈もオススメポイントです」

半袖シャツ¥29,700(サードマガジン)

ストライプシャツ¥42,900(アパルトモン/アパルトモン 青山店)

「機能性素材を上手く取り入れつつ、ベーシックに寄りすぎていないからスタイリングがキマるの。裾に同色でブランド名の刺繍が入っているところもちょっとしたポイントになっていて好き」と絶賛の1枚は、ショート丈、切りっぱなし、ボリュームスリーブ、身頃も太めとバランスが最高な上に撥水加工素材使用。

photograph:MAI KISE(model), MAYA KAJITA[e7](still) styling:KASUMI KATO hair & make-up:KYOHEI SASAMOTO[ilumini.] model:MAYUMI SADA

otonaMUSE 2024年7月号より

FASHION TOP

EDITOR

オトナミューズ編集部

37歳、輝く季節が始まる! ファッション、ビューティー、カルチャーや健康など大人の女性の好奇心をくすぐる情報を独自の目線で楽しくお届けします。

SHARE

  • x
  • facebook
  • はてなブックマーク
  • LINE

Pickup

Weekly ranking

VIEW MORE