FASHION

オトナミューズ編集部

オトナミューズ編集部

BLACKPINKジェニーとお揃い♡ キュートなサイズが可愛いBeatsの新作イヤフォン「Beats Solo Buds」

きっかけは、ちょうど使っていたネックバンド型イヤフォンが修理不可なくらい壊れてしまったことにあるのです。原稿を書くときも移動時も、音楽が欠かせない私。さぁ、どうしよう。一度ならず、片方をなくす、という切ない経験を繰り返して以降、完全独立型ワイヤレスイヤフォンは封印してきたので、次はいっそのことヘッドフォンもおしゃれでいいなぁ、なんて思っていたら、目に飛び込んできたBLACKPINKジェニーのビジュアル。そう、彼女をキャンペーンに起用したBeats(ビーツ)の新作「Beats Solo Buds」の可愛さにすっかり目がハート♡♡♡ 気づけば、もう買うまいと思っていたソレを手に入れていたのです。

ビジュアルがいいのは一目瞭然。果たして、音は?
使い勝手は? いろいろ気になるよね

Bests製品史上最少サイズと言われる「Beats Solo Buts」。ほぼリップと同じくらいのスマートなサイズ感。

写真左上に置いた「Beats Fit Pro」と比較すると半分くらい。カラバリはマットブラック、ストームグレイ、アークティックパープル、トランスペアレントレッドの4色。私はレッドを購入。アップルストアにて¥12,800(税込)なり。

まず、そもそものところから入りますと、Beats(ビーツ)こと、Beats by Dr.Dreは、Dr. Dre(ドクター・ドレー)とJimmy Iovine(ジミー・アイオヴィン)によって2006年に創設されたアメリカ発のオーディオブランド。ラッパーとしてはもちろん音楽プロデューサーとしても知られるDr. Dreと、元レコード会社幹部である起業家Jimmy Iovineがという2人が立ち上げたブランドだけに、音に対してはこだわりのある製品が魅力なブランドです。2014年にApple傘下に入ったので、現在はアップルストアで購入可能。

 

かねてよりスピーカー、ヘッドフォン、イヤフォンさまざまなオーディオを発表していますが、今回BLACKPINKのジェニーをキャンペーンに起用した新作こそが、私が購入したワイヤレスイヤフォン「Beats Solo Buts」です。

ビジュアルにひかれたのはもちろんなのですが、最大のポイントは性能に対するコスパのよさ。

 

まずは、自然工学に基づく角度のアコースティックノズルで、着け心地がよい。音は、既存の商品と比較しちゃうと、それはやはり低音などのパワフルさが気になるのですが、外出先でK-POPを聴き流したい私には十分ご機嫌なクオリティ。左右のイヤーパッドに周波数カーブに対応して微細な歪みを低減する2層構造のトランスユーザー搭載だそうで、クリアなサウンドが楽しめます。

 

さらに、小さなボディながら、最大18時間再生可能。コンパクトになったケースには充電機能はないのですが、一日中持続するバッテリー搭載なのであまり不便は感じません。さらに通常の壁コンセントからだけでなく、タブレットやスマートフォンからも充電ができるのも便利。外出先でヤバイ!となっても、イヤーパッドをケースに入れて、手持ちのタブレットやスマートフォンとUSB-Cケーブルで繋げば簡単に充電可能なのです。

 

 

iOSとAndroidに対応しており、ペアリングも簡単。気になっている方はぜひ!とオススメしたいアイテムです。

otona MUSE T

FASHION TOP

EDITOR

オトナミューズ編集部

37歳、輝く季節が始まる! ファッション、ビューティー、カルチャーや健康など大人の女性の好奇心をくすぐる情報を独自の目線で楽しくお届けします。

SHARE

  • x
  • facebook
  • はてなブックマーク
  • LINE

Pickup

Weekly ranking

VIEW MORE