FASHION

TUE.03.29
2022

フェンディ、ロエベ、マルジェラetc.
安西こずえの、欲しいものだけ♡
インパクト系「靴&バッグ」編

真っ先にアップデートしたい本命の靴&バッグを、自他共に認めるミーハースタイリスト・安西こずえさんが厳選! 本当に欲しいものだけ、安西さんならではの視点で紹介してくれました。本編ラストは一点投入するだけでいつものスタイルをブラッシュアップしてくれる個性派アイテム編。見ているだけでも心躍るハイブランドの最新作チェック、これだけは一生やめられない!

パワーカラーの靴&バッグ新作

FENDI
言うなればメリケンバッグ。
あと、ファーの生えた靴はココ

「最近またファン増えてるからいっぱい紹介したかったけど、このクラッチのおめでたい金にやられた。ロゴで机の上でも自立するし、持ったらメリケンサックみたいだしもう、超可愛い。あとファー使いの靴、フェンディって得意なんだ。カラーリングが絶妙でしょ!」(安西さん)

サンダルはヒールがスケルトンになっていて、春夏でも軽やか。「靴に毛があるってすごくいいから!」と謎に安西さん推してます。バッグ「フェンディグラフィー」[H14×W16.5×D5㎝]¥151,800※予定価格、3月発売予定、サンダル[ヒール9.5㎝]¥236,500、ケープ¥456,500、ブラ¥60,500、パンツ※参考商品、ピアス※参考商品(全てフェンディ/フェンディ ジャパン)

LOEWE
バラのヒールもピンクも
ザ・女ざかりでイイね

「ヒールに特徴のあるパンプス他でも出ているけど、バラはスゴイよねー。なぜかYOSHIKIさんの顔を思い出したよ、X JAPANの。なんも関係ないのにね。クラッチのピンク色も他にない、女ざかりな感じ。あー、花びら浮かべてお風呂に入りたいね、掃除が大変そうだけど」(安西さん)

フラメンコクラッチバッグはストラップつき。バッグ[H18×W23.9×D9㎝]¥216,700、マニキュアや割れた卵などのヒールはランウェイでも話題。サンダル[ヒール10㎝]¥203,500(共にロエベ/ロエベ ジャパン クライアントサービス)

GIORGIO ARMANI
人魚姫なのか漁網なのか
勝手に海系扱いしてます

「最高だよね、ブーツのしょわーっとしたレースにスパンコール絡みついてるし、派手な色の丈夫なネットみたいなバッグだし、どっちも漁村にありそうなアイテムじゃない? しかも、このブーツはいたら足がちょっと透けるの。実物見てほしいよ。欲しくなるから!」(安西さん)

スパンコールが稚貝や小さいエビに思えるんだそう。安西さんって想像力が豊かですね。コレクションはイタリアの海もイメージソースなので、あながち間違いではないですが。バッグ[H23×W23×D3㎝]¥319,000、ブーツ[ヒール2.5㎝]¥242,000(共にジョルジオ アルマーニ/ジョルジオ アルマーニ ジャパン)

Maison Margiela
青とブラウンをコーデする、
正解がコレだよね

「もーこれ、イギリスの新聞配達員ないしはおしゃれシャーロック・ホームズのイメージ。ブルーが新色で、大きいバッグはメンズのです。バッグも『タビ』ブーツもテッパンで人気のシリーズだけど、色が新しくなるとハッとするってこと。いい色だしブラウンとも合う!」(安西さん)

2WAYで活躍する大人気の「5AC」バッグはミューズ界隈でも人気。シックなデニムブルーの色合いも独特ですね。「5AC」バッグエクストララージ[H33×W49×D24.5㎝]¥407,000、「5AC」バッグスモール[H18×W26×D13㎝]¥338,800、「タビ」ブーツ[ヒール8㎝]¥143,000、カーディガン¥154,000、ジャンプスーツ¥283,800、ピアス¥73,700、ソックス¥14,300(全てメゾン マルジェラ/マルジェラ ジャパン クライアントサービス)

STELLA McCARTNEY
そうだった、今年は寅年だ。
メタリックも大トレンドですよ

「見た瞬間に思い出したよね、今年は寅年だったって。さ、こちら縁起物でいかがでしょう。ギラッとメタリックみがスゴいシルバーのショルダーバッグも旬を取り入れたい人にピッタリ。メタリックとかロゴ使いとか色とか、やっぱ、今の気分は小物から取り入れて」(安西さん)

左から:使いやすいポシェットタイプ。バッグ[H17×W21×D5.5㎝]¥102,300、肩掛けすると意外とからだにフィット。バッグ[H31.5×W40×D15㎝]¥154,000(共にステラ マッカートニー/ステラ マッカートニー カスタマーサービス)

ALAÏA
なぜ何かと攻撃的なのか。
まあ、好きなんだけど

「囚われ人靴って勝手に呼んでるんだけど、金具で足首拘束するサンダル、オーロラ色だよ。大丈夫? 色ちゃんと写ってる? バッグも真ん中からパコッて開くんだけど、むやみに振り回すと凶器になるから注意ね。強めなデザイン、お変わりなくてなんか安心よ」(安西さん)

洗練されたフォルムが素敵。LE SHAPEというお名前です。バッグ[H24×W19×D16㎝]¥233,200 、正式名称はリフレックスホワイトですが、ちゃんと写ってるこの色です。ミュール¥138,600(共にアライア/リシュモン ジャパン アライア)※共に参考価格

Max Mara
昔ながらのクッキーみたいな
書体がツボなんです

「イニシャル推すよね~! 襟元にバッジも着けたんだけど、古めかしい書体がいい、缶に入ってた昔のクッキーみたい。とりあえずみちよさんとかまりこさんとか、名前にMつく人みんな買いなよ。ピスタチオみたいな緑も旬だしさ、みなこさんも、ほら! 靴もあるよ!」(安西さん)

「厚底サンダルにも何気にMがジャカード織り!」今っぽいトラッドアイテムが豊富なので、名前がMでなくても気にせず身に着けてください。バッグ[H13×W20×D6㎝]¥94,600、サンダル[ヒール8.5㎝]¥94,600、オーバーオール¥134,200、ブローチM¥23,100、ブローチ寅¥35,200(全てマックスマーラ/マックスマーラ ジャパン)

JIL SANDER
どこかレトロ可愛い
和を感じる小物がツボった

「ぽってりしたサンダルのソール可愛くてずっと見てたら、饅頭のせる器に見えてきて、そしたらヒールが茶筒に見えてきたわけ。抹茶ミルク色のバッグか抹茶色のバッグ持ってお茶会行こうかな。あ、褒めてるよ、モダンなのに落ち着いてるってこと! 完成度高いよね」(安西さん)

上から:パステルなライムグリーンが洒落てる。ゴジ バッグ[W18×H20×D9㎝]¥236,500、茶筒だなんだと言いつつ「見た目より重くない」そう。サンダル[ヒール9.5㎝]¥113,300、ゴールド部分でストラップの長さを調節可能。バッグ[H19×W15.5×D0.5㎝]¥134,200(全てジル サンダー バイ ルーシー アンド ルーク・メイヤー/ジルサンダージャパン)

安西さん独特の視点でお届けしてきたハイブランド最新作、いかがでしたか? 今シーズンのスタイルの核となる本命靴&バッグゲットの際の参考にしてみてくださいね♡

photograph:CHIHIRO TAGATA(model), ISEKI(still) / styling:KOZUE ANZA[COZ inc.] / hair:KAZUYA MATSUMOTO[W] / make-up:nagisa[W] / model:YU HIRUKAWA

otonaMUSE 2022
4月号より

Pickup

Weekly ranking