FASHION

WED.04.13
2022

スタイリスト 樋口かほりが提案する
シャツとパンツのバランス学 【前編】

シャツとパンツ、極めてベーシックな組み合わせだからこそ、上手に着こなせたら、真のおしゃれ上手ですよね。そこで今回は、スタイリスト樋口さんに徹底レクチャーしていただきます。今季はまず、シャツはビッグシルエットを基本に、シャツとパンツの着こなしのバランスを一緒に学んでみませんか?

01
トラッドなセットアップに
オーバーサイズのB.D.シャツ。
ネオ90sスタイルに挑戦してほしい!

あえて全体をボーイッシュなアイテムでまとめたルック。ポロ ラルフローレンのこの春の新作、ツイードのセットアップを白シャツと合わせ、トラディショナルに。やや生地が硬めで、ハリのあるオックスフォード素材のB.D.シャツは、胸元や袖口を大きくあけて着崩してもバランスをキープしてくれます。シャツを着慣れない人にこそ、チャレンジしてほしい1枚。襟元のボタンもあえて外すと、レディなムード作りに一役買ってくれます。

白シャツ¥18,700、ブラウンツイードパンツ¥52,800、ブラウンツイードジャケット¥88,000(全てポロ ラルフ ローレン/ラルフ ローレン)、メガネ¥36,300(モスコット/モスコット トウキョウ)、パンプス¥9,990(ザラ/ザラ カスタマーサービス)、右手のリング¥36,300(プリュイ/プリュイ トウキョウ)、バッグ¥143,000L/UNIFORML/UNIFORM TOKYO

02
圧倒的なベビーピンクの愛らしさ!
シャツとパンツを同色で揃えた
オールインワン風が今季のトレンド

毎シーズン胸にキュンキュン来るのがオーラリーのピンク色。甘さのさじ加減が絶妙で、大人になじむ色出しが秀逸。そのピンクを同素材のシャツとパンツのセットアップで。シャツパンツ共に、ラフなフォルムでありながらも、ドレスライクでツヤのあるツイル素材なので、上品さは十分にあります。ピンクを主役にしたいから他のアイテムは無彩色で統一。ドレスやオールインワンにはない、シャツ×パンツだからこそのフレッシュさを楽しみたい。

ピンクバンドカラーシャツ¥30,800、ピンクパンツ¥35,200(共にオーラリー)、肩に掛けたニット¥5,990(ザラ/ザラ カスタマーサービス)、パンプス¥33,000PIPPICHIC/ベイジュ)、右手薬指につけたリング¥28,600、右手小指につけたリング¥22,000、左手のリング¥19,8003点エナソルーナ)、抱えたバッグ¥49,500(デメリエー ロンドン/アパルトモン 青山店)

03
シャツの下にはタンクトップを。
ヘルシーに肌見せしてヌケ感を作る

シャツのレイヤード術。一番簡単なのは、シャツと同色のタンクトップを重ねる、です。このとき注意したいのは、タンクトップの首元の詰まり具合。やや詰まっているもののほうが、下着っぽくならず洒落見えします。ここ重要。そして、シャツのボタンはいつもよりもあけ気味で、がコツ。胸元からちらっとではなく、しっかりとタンクを見せちゃう。あえてレイヤードしてるよ、と分かるように。

白シャツ ¥27,500INDIVIDUALIZED SHIRTS/メイデン・カンパニー)、タンクトップ¥13,200(ゲミニー/ウィム ガゼット ルミネ新宿店)、千鳥格子パンツ¥38,500(ニート/ユナイテッドアローズ 原宿本店)、サンダル¥8,800(ティキーズ/ル タロン グリーズ ルミネ新宿店)、ピアス¥27,500HYKE/ボウルズ)

04
胸元をあけたいときは
スエットをレイヤードして
STOP
コンサバマダム

胸元をザクッと見せてヌケ感は出したいけど、セクシーさは必要ない、そんなときにはジップつきスエットを上から羽織る技がオススメです。スエットの程よいカジュアル感が、シャツが引き出しがちなマダム度を軽減してくれるんです。色はシャツと同系色で、ワントーンでまとめるとキレイ。初夏まではこんなレイヤードが手軽で使えるはず。

スエット¥13,200(ロク/ロク 渋谷キャットストリート)、中に着たシャツ¥28,600(ユナイテッドアローズ+ナオコ ツジ/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店)、スリットパンツ¥31,900(イロット/ユナイテッドアローズ 原宿本店)、サングラス¥47,300(サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ/ケリング アイウエア ジャパン カスタマーサービス)

05
悩めるシャツの裾問題!
インもアウトも結ぶも正解。
コツはキレイさを保つこと

シャツを着るときの主要な悩みポイントのひとつが裾問題です。「特に何がダメ、ということはないけれど、どこかピシッとするとか、キレイに見せるポイントを作ったほうがいいかな」と樋口さん。「ジャケットと合わせるなら、インしたほうがキレイ。逆にボトムをショートパンツにするなら、出してしまったほうが大人なムードにまとまりやすい。太めのパンツのときは割と何でも合うので、結んで遊んでも。裾を結んだら、第1ボタンは留めて緩急のバランスを取ったほうが今っぽいかなと思います」

左:ストライプシャツ¥23,100(ユニオンランチ/サザビーリーグ)、ブラウンパンツ¥36,300(エイトン/エイトン青山)、スニーカー¥9,900(ムーンスター/ムーンスター カスタマーセンター)、ピアス¥44,000(ボーニー/エドストローム オフィス)、中央:グリーンビッグシャツ¥19,800(ウィム ガゼット/ウィム ガゼット ルミネ新宿店)、ニットカーディガン¥37,400(エイトン/エイトン青山)、グレーニットハーフレギンスパンツ¥31,900(ドゥーズィエム クラス/ドゥーズィエム クラス 青山店)、ピアス¥24,200(プリュイ/プリュイ トウキョウ)、右:ブルーオックスフォードシャツ¥12,100(スピック&スパン/スピック&スパン ルミネ新宿店)、ベージュリネンジャケット¥28,600、ベージュリネンベスト¥22,000、ベージュリネンパンツ¥18,700(全てプラージュ)、サンダル¥31,900(イル サンダロ オブ カプリ/全てプラージュ 代官山店)、ベルト¥8,800TORY LEATHER/メイデン・カンパニー)


樋口かほり
渡邉恵子氏のアシスタントを経て、独立。飾らないのに女らしく見せてくれる、潔いスタイリングが真骨頂。メンズアイテムのミックススタイルも上手で、いつだって旬のスタイリングを生み出してくれる、ミューズ世代のスタイリスト。一児の母。

いかがでしたか? 次回はシャツ×パンツに合わせるアクセや小物まわりのバランス術ほか、今季らしいデニム&柄シャツの着こなしをご紹介します。

photograph_TAKAHIRO OTSUJI[go relax E more] / styling_KAORI HIGUCHI[KIND.] / hair & make-up_TOMOKO OKADA[tron] / model_MAYUMI SADA

otonaMUSE 2022
5月号より

Pickup

Weekly ranking