FASHION

WED.04.20
2022

洒落見えのコツは“味方パンツ”に在り。
おケイ先生の高次元コーデ術

今月の大特集が「洒落見えの理由」と聞いたおケイ先生。「それはね、味方になるパンツを見つけることよ」と、自身が手掛けるstyling/の名品パンツを例に教えてくれました。もちろん随所に「お、おう‥‥」と驚かざるを得ないおしゃれが過ぎるコーデ術も潜んでいます。

「どんなイメージでそのパンツをはきたいの?
サイズで選ぶなんてつまらないわ」
ー白幡啓

ー先生、今月のオトナミューズは「洒落見え」がテーマですがズバリ、秘訣は!?

白幡啓 「まずは『味方パンツ』を見つけることね。脚を細く長く。サイジングはあってないようなものよ、背の高い人が短め丈でも、その逆でも。ただそのパンツが自分の味方になっているか、よ」

ーそこが難しいんですよ‥‥、今、手っ取り早く洒落て見えるパンツないです?

白幡啓「ワイドパンツね。うちのブランドでは今季スーツで提案しているんだけど、いわゆる『会社に行かないスーツ』がやっと主流じゃない。やっとよ! やっとみんながジャケットをおしゃれに着る時代がきたの。中に何を着るかが各自の課題ね」

バックサテンジャケット¥31,900、バックサテンパンツ¥19,800※共に5月中旬発売予定、レザーアンクルブーツ¥47,300(全てstyling//スタイリング/新宿ルミネ1店)、yuyamoribeのベスト、AFTER SHAVE CLUBの細ネックレス、ヴィンテージのチェーンネックレス

ー先生は素肌にベストなんですね。

白幡啓「うちはサイズSMを作る際、太さはそんな変えないけどものによって丈を5cmくらい変えるときがあるのね。普通1サイズ差って1.5cm程度。それは味方パンツ選びのためよ。テーパードパンツもブランド創設時からこだわり倒してる。そもそも女性がキレイに見えるものだから、これはジャストサイズを選ぶべき。だから今季は3サイズ展開、小さいのを作ったの。今はいてるベージュは真ん中サイズだけどやっぱり、私は1サイズ下げたほうがいいわね‥‥、あ、ブーツにパンツの裾をフロントインするのが気分。あとこれ、ブラトップとセットで販売するけど、既にすごく人気なのよ」

ボウスサイドブラトップス¥17,600、テーパードドレスパンツ¥19,800※共に4月下旬発売予定(共にstyling//スタイリング/新宿ルミネ1店)、Maison Margielaのビッグシャツ、BOTTEGA VENETAのブーツ、TOM WOODのチェーンを2つ繋げてEnasolunaのリングをヘッドにしたペンダントはおケイ先生私物

ーきましたね時代が。ブラトップといえば、おケイ先生ですからね。しかし先生、そのネックレスも素敵ですね。

AFTER SHAVE CLUBの細ネックレス、TOM WOODのチェーンを2つ繋げてEnasolunaのリングをヘッドにしたペンダントはおケイ先生私物

白幡啓「これ? ああ、長いのが欲しいなと思って、チェーンを2つ繋げたの」

ーえ、自作ですか! じゃあ先生青いバッグのチェーンは? これ売ってます?

NYで買ったボディチェーンを付けかえたデルヴォーのバッグはおケイ先生私物

白幡啓「売ってないよ。自分らしくしたくて、昔買ったボディチェーンを思い出してさ。アクセね、拘束具みたいな。それを解体して付けたの。

で、いつの時代もおしゃれな人が必ずはいているのがミリタリーパンツ。だから毎シーズン形や素材を変えてて、今季はキレイめに見えるように、麻混。ヌケ感を出すならこういうのよね」

エラスティックミリタリーパンツ¥26,400、裏返して肩に掛けたダブルブレステッドジャケット¥46,200(共にstyling//スタイリング/新宿ルミネ1店)、BACCAのホワイトトップス、JIL SANDERのグリーンニット、BOTTEGA VENETAのシューズ

ー先生ジャケット裏返ってますよ。撮影しますから着るなら戻してください。

「裏返しで着てるの! 裏地のほうが可愛くない? ずっとシンプルが主流だったけど今、レイヤードがキテるでしょ。重ね着って自由に楽しむものだからいいの。ただパンツのシルエットは1cmも妥協しないで。味方パンツ、見つけてね」

PhotographTOMOHIRO TAKESHITA Styling & ModelKEI SHIRAHATALOVABLE Hair & Make-upMIKAKO KIKUCHITRON

Pickup

Weekly ranking