FASHION

THU.04.21
2022

【辻 直子さん×本誌編集長】
あの当時をプレイバック。
大人にも響くY2Kの魅力って?

Z世代の若者にとっては20年前のファッションって新鮮! と映るであろう流行の「Y2K」スタイルも、我々ミューズ世代にしてみたら、二十歳前後でリアルに経験したトレンドのリバイバル。懐かしさゆえに、解釈の仕方が難しいのも事実です。さて、どう着る? を人気スタイリスト・辻 直子さんと本誌編集長のプロ2人が当時を振り返りながらディスカッション、その正解が明らかに!

辻直子さんが解釈する大人の「Y2K」スタイル

本誌編集長渡辺(以下 W 2000年代がトレンドとしてファッションストリームにあがったのはこれが初めてですよね。

辻(以下 T ついに来ました(笑)。

W
 Z世代の若い子たちには、Y2Kのトレンドは親世代のファッションだから新鮮に映るだろうけど、ミューズ世代にしたら若いころにしていた格好がまた巡ってきちゃったワケで。さあ、どうする? っていう(笑)。

T
 その当時って、年齢的にはお洋服にまだそんなにお金をかけられなかったと思うし、おしゃれの経験値も浅いはずだから、ほとんど“若さ”という勢いで着てた。そしてそれがあの弾けるような魅力につながっていましたよね。だからリバイバルとはいえ、今に生かせる着こなしテクニックみたいなものもきっとあまりないだろうし。

W
 確かに。ピッタピタのチビTに超ローライズのデニム、なんて着こなしをそのまま復活させるのは全く現実的ではない。

T Z世代は当時のスタイルそのままをトレースしただけで可愛くキマるけど、大人はそうもいかなくて、その分解釈も難しい。どう新鮮味を持たせるか、初挑戦の領域なんですよね。

W
 今回の企画で辻さんに伺いたかったのは、まさにそこなんです。ミニスカートやボディコンシャスなドレス、今Y2Kブームで注目が集まるアイテムを無理なく着ていらっしゃるのがすごく素敵だなと前から思っていて。

T
 嬉しいです。そもそもタイトなシルエットが好きなのもあって、テンション的に惹かれるものはありますね。

W
 辻さんの場合は、流行だからというわけではなく、辻さんらしいスタイルとして成立しているから魅力的なんだってことは承知の上で。今回のY2Kブーム、私たちはどうのるのがいいんでしょうか。実際のところ、オトナミューズとしては手を出さずスルーという選択肢もあったんですが。それもね、何だか“ぽくない”かなと。

上:デビュー曲「ベイビー・ワン・モア・タイム」(1998年)の可愛さが衝撃的だったブリトニー・スピアーズと、その着こなしをオマージュしたようなApinkのナウン。Z世代ファッショントレンドを牽引する韓国アイドルもY2Kに夢中!、右下:ソフィア・コッポラ発のガーリームーブメント到来も2000年ごろ。映画『ヴァージン・スーサイズ』が公開され、世界中があのガーリーな世界観の虜に!、中央下:トップモデルのケンダル・ジェンナーは数年前からY2Kラバー。Z世代が憧れる存在の彼女やセレブな友だちのファッションは今の流行に大きく影響!、左下:メッシュシャツ¥25,300(フィル ビル/ユナイテッドアローズ 新宿店)、ツイードミニスカート¥9,900(スナイデル/SNIDEL ルミネ新宿2店)

大人はY2Kの空気感を汲む、
それが最重要事項

T Y2Kのトレンドにおいては、ミューズ世代は空気感を汲んだほうがいいと思うんです。クロップト丈のトップスやミニボトムでいうと、そのまま着るんじゃなく、“短い”っていう大枠だけをトレースする感じ。あとは、ボディコンシャスも80年代のジャンポール・ゴルチエやヴィヴィアン・ウエストウッドみたいに、タイトなポイントをどこかに置くって解釈すれば取り入れやすい。

W
 シェイプしてましたよね〜! ジャケットも高めの位置からウエストがくびれていた記憶。

T
 ピタッとフィットするボディコンでないとダメなわけではなくて、腰が内側に少し入っているだけでもいい。ちょっとしたことで一気に見え方が新鮮に変わるから。

W
 長らくビッグでルーズなシルエットの流れが続いていますけど、思えばあのころはトップスもコンパクトでしたよね。ヒルトン姉妹やLAセレブが愛用していたジューシー クチュールのベロアジャージ、懐かしい〜!

T
 そうそう。あのバランスを再現して、トップスを普段よりコンパクトに。何もおなかを出さなくとも、そのくらいの変化で十分かなと思います。

LAセレブブームに沸いた当時のパリス(2003年撮影)。そして現在、まさにその影響を感じるファッションに身を包むTWICEのメンバー。見事にみんなピンク! そしてジャージ!

左上から時計回りに:リバイバルはファッションのみならず。ミレニアムに放送が始まり一世を風靡したドラマ「セックス・アンド・ザ・シティ」の続編「アンド・ジャスト・ライク・ザット…」にもみんな興味津々!、ドルチェ&ガッバーナの2022春夏コレクションは、2000年代ファッションの美学を取り入れた煌びやかなルックがたくさん登場!、辻さんがこの春狙っている1枚。ドレス¥61,600(アクネ ストゥディオズ/アクネ ストゥディオズ アオヤマ)、辻さんの話に登場するジャンポール・ゴルチエのジャケットスタイル。これは198788秋冬コレクションより。、早くからY2Kアイテム愛用者であるモデルのベラ・ハディッド。コルセットドレスを着た写真は2019年のスナップ。

品格はしっかりキープ。
色は“今”のトーンに焦点を

W ケイト・モスがベストを着たこの写真、当時『sweet』の誌面でよく使いました。

T
 私も鮮明に記憶しています、このケイト。何てことない感じがまたよくて、みんなこぞってベスト着たよな〜って。

W
 「辻直子さんが解釈する大人のY2K」記事で紹介したベストの着こなしもそうだけど、今回提案しているスタイルって3040代にも無理なくできますよね?

T
 かっちりしているとか、きちんと感とか。そういうキレイめな要素を残せば、ミューズ世代にもハマるはず。あとは色使い。色だけは“今”のトーンをピックアップしたほうがいい。

W
 その当時の色ももちろん可愛いけれど、大人が着たらただ昔っぽく見えるだけってオチになりそう(笑)。

T
 そうなんです(笑)。色って本当に時代を映すカギ。そのときのコレクションで打ち出された旬のトーンが連鎖してリアルに広まっていくんですよね。大人は特に、侮れません。

左から:ケイト・モスは90年代のスーパーモデル全盛期の印象が強いのですが、実際にミューズ世代が憧れた私服スナップの多くは2000年代に撮られたものがほとんど! このベストを着た写真も共に2005年撮影、。大人がトライしやすいデザイン。かつ色もクラシカル過ぎないところが◎。ツイードベスト¥59,400(アナイ)、ツイードも今季見逃せないY2Kアイテム。CHANELのショーに現れたBLACKPINKジェニーの可愛さたるや♡、メイクでY2Kのエッセンスを取り入れるのも◎。ここ数年、マットリップ流行りでしたが、今夏はグロスやキラキラしたアイシャドウなどが復活! 今回の撮影でも目元にシャイニーな輝きを潜ませています。ローラ メルシエ リップグラッセ ハイドレーティング バームグロス 各¥3,300(ローラ メルシエ ジャパン)

W これだけガールズパワーみたいなものを感じるトレンドを提案するって、オトナミューズでもすごく久々なんです。スナップ企画でも基本ワイドパンツが優勢。上半身にもボリュームがあるマニッシュな着こなしが主流だったから。

T
 ね、相当新鮮だしワクワクします。

W
 いや〜、新鮮なとこいってもらいたいですよね(笑)。ここ数年は「去年と同じ自分」が続いていたような気がしますし。

T
 コロナ禍で「洋服、要る?」みたいな空気になったじゃないですか、少し前に。それを踏まえて今年こういうエネルギッシュなトレンドが浮上したことに意味があると思うんですよね。世の中も元気になろうとしているなって。

W
 ミューズ世代って若いころ、全力でおしゃれしていたことが記憶として残っている世代だから。今の悶々とした気分を晴らすためにも可愛い格好で出かけたい! みたいな前向きな思いにY2Kがバシッとハマるかもしれないですよね。

左から:リラックスしたシルエットや色がY2Kなムードを演出しつつ、大人がはきやすいデザインが◎。デニムパンツ¥31,900(ビーサイド ジーンズ/ロンハーマン)、ローライズ&ビジュー付きデニムはくブリちゃん。BLACKPINKLISAの着こなしは、まさにその現代版!、タリックな輝きやゴールドチェーンネックレスもY2Kムードには欠かせません。パンプス¥57,500(ペリーコ/プルミエ アロンディスモン)、チェーンネックレス¥26,400(モダン ウィーヴィング/ショールーム セッション)、ヴァレンティノ2021-22春夏コレクションより。

スタイリスト 直子さん
“辻フェミニン”という言葉が生まれるほど、確立された世界観ある女性らしいスタイリングで私たちを魅了する人気スタイリスト。雑誌、CMだけでなくブランドディレクションでも活躍。現在、UNITED ARROWSとのコラボアイテムが発売中。GW頃にはLEPSIMとのコラボも発売!

渡辺佳代子
本誌編集長。まさにY2Kファッションさなかである2000年より『sweet』編集長に就任。アイコンだった浜崎あゆみさんや安室奈美恵さんなどを表紙で起用。大人可愛いという新しい価値観を日本の女性に提案。『sweet』から派生した『otona MUSE』を立ち上げ現在に至る。

photograph:AFLO, Getty images, Courtesy of DOLCE&GABBANA, marcellasne_

otonaMUSE 2022
5月号より

Pickup

Weekly ranking