LIFESTYLE

オトナミューズ編集部

オトナミューズ編集部

炒めず茹でるヘルシー中華!ごはんもお酒もすすむ『豚肉とキャベツのピリ辛和え』レシピ

中華調味料やスパイスと和えるだけで、主菜も副菜も麺料理も、お店に負けない家中華が完成。料理のレパートリーを増やしたい人や、自分で作る“いつもの味”に飽きている人は、ぜひお試しを。ひと口で虜になるおいしさは、リピート必至ですよ。ささっと手軽に作れる豚肉とキャベツのピリ辛和えは、食材を炒めずに茹でるのがポイント。ヘルシーな家中華を味わって。

Spicy pork & cabbage
『豚肉とキャベツのピリ辛和え』

小堀紀代美さんの『豚肉とキャベツのピリ辛和え』

甜麺醤×豆板醤で、ごはんもお酒もすすむ旨辛味へ。食材は同じ湯でゆでればOK! 手軽に作れるのも嬉しい。

●材料(2人分)

豚バラ薄切り肉……150g
キャベツ……150g
にんじん(太い部分)……5㎝
きくらげ(乾燥)……10g
A
甜麺醤、ごま油……各大さじ1
しょうゆ……小さじ1
豆板醤……小さじ1/2
砂糖……小さじ1/4
塩……ひとつまみ

 

●作り方

きくらげは水に浸して15分ほどおいてもどし、水気をきる。キャベツは3〜4㎝大に切り、にんじんは短冊切りにする。豚肉は長さ3〜4㎝に切る。

Aを大きめのボウルに入れ、混ぜ合わせる。

鍋に湯を沸かし、キャベツ、にんじん、きくらげを入れて1分ゆでる。ざるに上げ、ぎゅっとおさえて水気をきり、❷のボウルに加える。同じ湯に豚肉を入れてゆでる。肉の色が変わったら、ざるに上げて水気をきり、❷のボウルに加えてよく和える。

"小堀紀代美さんの店に負けない家中華”レシピ☟

『汁なし坦々麺』『ささ身と高菜の中華和え麺』

cooking:KIYOMI KOBORI / photograph:KEIICHI SUTO / styling & text:HIROKO NAKADA
otona MUSE 2024年7月号より

LIFESTYLE TOP

EDITOR

オトナミューズ編集部

37歳、輝く季節が始まる! ファッション、ビューティー、カルチャーや健康など大人の女性の好奇心をくすぐる情報を独自の目線で楽しくお届けします。

SHARE

  • x
  • facebook
  • はてなブックマーク
  • LINE

Pickup

Weekly ranking

VIEW MORE