SNAP

TUE.09.28
2021

おしゃれミューズがお手本!
メンズミックスの達人の
リアル私服スナップ
【モデル 佐田真由美さん】

私服が洒落てると話題のミューズたちに、メンズアイテムをミックスしたオール私服のスタイリングを披露してもらいました♡ メンズアイテムの選び方や着こなしのコツ、注目のブランドなど、参考になるアイデアが盛りだくさん! ご主人と服をシェアすることもあるという佐田真由美さんは普段からメンズミックスの着こなしを楽しんでるみたい。

自分に合うサイズ感を見極め
きちんと感を演出すると◎

Dickies × THE FLOWER SHOPのセットアップ、Supremeのシャツ、首に巻いたWACKO MARIAのガウンベルト、おもちゃ屋で購入したソックス、Dr.Martens × COMME des GARÇONSのシューズは本人私物

「メンズアイテムを取り入れる際に気を付けているのはサイズ感。単にオーバーサイズを着ればいいということではなくて、きちんと試着して、ちゃんと自分に合うか確めています。どこかにきちんと感を残すのもポイントですね。

このコーディネートは、私が手がけているプロジェクト、ザフラワーショップとディッキーズのコラボセットアップを主役に、メンズアイテムを取り入れてみました。女子以上男子未満なカジュアルスーツスタイルです♡」(佐田さん)

Supremeのシャツ、首に巻いたWACKO MARIAのガウンベルトは本人私物

「ネクタイ代わりにしているのはお気に入りのWACKO MARIA(ワコマリア)のガウンベルト。やんちゃな男のコみたいな感じがいいよね。Supreme(シュプリーム)のシャツは主人から拝借」(佐田さん)

BURBERRYのトレンチコート、FENDIのジャケット、HAGUTシャツ、NERDYのパンツ、Saint Laurentのローファーは本人私物

「赤をきかせたコーディネートにカーキのコートで秋らしく。Tシャツやジャージなどラフなアイテムにツヤのあるジャケットやローファーを合わせて、きちんと感をプラスしました。BURBERRY(バーバリー)のトレンチコートは、薄くて軽いとろみのある素材なので女性でも使いやすい! レディなコーデにも合わせやすいの」(佐田さん)

古着屋や海外などで購入したシルバージュエリーは本人私物

「ごつめのシルバーをジャラジャラたくさん着けるのも好き!」(佐田さん)

Supremeのシェルジャケット、STUSSYのスエット、RRLのシャツ、ZARAのパンツ、Santamonicaで購入したニットキャップ、converseのスニーカーは本人私物

「ブラウンが可愛いSupreme(シュプリーム)のシェルジャケットがポイント。トラッド×スポーティな組み合わせって、イギリスのマダムとかもよくしていて素敵だなって。おじさんっぽくならないようにカラフルな小物を合わせて」(佐田さん)

古着屋で購入したニットキャップは本人私物

「古着屋さんでつい見ちゃうニットキャップ。色を差したいときに」(佐田さん)

愛用中のメンズアイテム、もっと見せて!

27のパンツは本人私物

「チノパンは私の定番。カジュアル感もきちんと感も出せて◎」(佐田さん)

NIKE×UNDERCOVERのスニーカーは本人私物

「着こなしのアクセントになるカラフルなスニーカー」(佐田さん)

BEAMS×NETFLIXTシャツは本人私物

「シンプルなのに、こういう茶目っ気のあるのいいよね」(佐田さん)

RUGBY RALPH LAURENのラガーシャツ、RALPH LAURENのショートパンツは本人私物

「ラガーシャツ×ショートパンツの組み合わせも大好き♡ 足元はワラビーを合わせたい」(佐田さん)

NIKE AIR JORDAN 1 HIGH RETRO NOT FOR RESALE REDのスニーカーは本人私物

「足元だけハズしたいときに」(佐田さん)

古着屋で購入したTシャツは本人私物

「プリントTシャツ大好き。簡単に取り入れやすいメンズアイテムだよね」(佐田さん)

photograph:YURI HANAMORI,MAYA KAJITA[e7](still) / hair & make-up:MIKAKO KIKUCHI[TRON] / web edit:ANNA TOGASHI

otonaMUSE2021
10月号より

Pickup

Weekly ranking