FASHION

THU.06.09
2022

【ベーシックアイテムの新解釈】
オーバーサイズorクロップト!
攻めたシャツの着こなしで旬度UP

デニム、シャツ、ジャケットにタンク……。勝手知ったるベーシック服に、この春夏大きな変化が! 丈もバランスも新基準にアップデートされた、その新鮮な魅力と着方をフィーチャーします。“シンプルなのにおしゃれ”の最新版を学びましょう!

フォルムや色が新鮮な
「コンサバではないシャツ」が
無性に着たい気分です

今季のシャツはこれまでのコンサバティブな印象を脱ぎ捨て、フレッシュにアップデート! ポイントになるのは、やはりサイジング。コンパクトなクロップト丈か、からだが泳ぐようなオーバーサイズ、この二極化が加速。オーバーサイズに至ってはベーシックなシャツでは見かけないビビッドな色や柄が目立つのもポイント! シャツが本来持っている端正さ、揺らぎない品の良さゆえに、攻めた着こなしをしてもモードなエッジに見えるからご安心を。懐を借りる気持ちでスタイリングを楽しんで!

右から:VALENTINOMIU MIUの春夏ランウェイルック

1. OVERSIZED
「オーバイサイズ」の白シャツを
崩すからこそ出る最旬バイブス

ストライプシャツ¥24,200(セピエ/ガリャルダガランテ 表参道店)、ビスチェ¥48,840、パンツ¥65,450(共にナヌーシュカ/ヒラオインク)、キャップ¥11,000(ストックホルム サーフボード クラブ/エドストローム オフィス)

短丈のキャミソールも、大きめシャツをバサッと羽織れば意外と抵抗なく着られるもの。スエット合わせをモダンに見せるべく、ヒール靴でバランスアップを意識して。

シャープな小物使いで引き締めて。ビッグシャツ¥20,900(サードマガジン)、キャミソール¥69,300(アキラナカ/ハルミ ショールーム)、スエットパンツ¥22,000(アパルトモン/アパルトモン 青山店)、ネックレス¥70,400(ソフィー ブハイ/エスケーパーズオンライン)、バッグ¥111,100(ジャックムス/アディッション アデライデ)、ラメサンダル¥105,600※参考価格(ジャンヴィト ロッシ/ジャンヴィト ロッシ ジャパン)

2. CROPPED
旬度抜群の「クロップト丈」でモダンに

旬度抜群のクロップトシャツ。これはハイウエストのボトムを合わせれば、意外とお腹のチラ見えも気にならず、気負いなくチャレンジ可能。かっちり着ることで出るモード感も鍵!

ヘルシーな肌見せが叶うのは、シャツの品格があってこそ。カジュアルに転ばせず、モダンさを活かし大人の貫録を薫らせて。ミューズ世代がクロップト丈のシャツを着る極意はそこにあり。クロップトシャツ¥16,500(ステュディオ アール スリーサーティー)、タックパンツ¥28,600(バッカ/トゥモローランド)、ベルト¥7,700(レフィエ/デ・プレ)、シューズ¥118,800(マノロ ブラニク/ブルーベル・ジャパン)

3. SET UP
シャツの「セットアップ」なら脚見せも上品

今シーズンらしさ満点なのがオーバーサイズのシャツとショートパンツのセットアップ! 普通サイズのシャツではお見掛けしない大胆な柄や鮮やかな色使いが目立つのも面白い。

上下で揃えておけば、コーデ要らずで便利なところも人気のセットアップ。キレイめに仕上げたいときはレディなパンプスを、少しラフにボリュームブーツでハズしてもおしゃれ。ストライプシャツ¥20,900、ストライプショーツ¥14,300(共にエスゼット ブロックプリント/アパルトモン 青山店)、パールネックレス¥39,600(ソワリー)、ウエストポーチ¥38,500(オソイ/UTS PR)、トレッキングシューズ¥60,500(ダナー)

いかがでしたか? 次回は、シャツと同じくビッグとショートに二極化しているジャケットの旬な着こなしをご紹介します。

photograph:BUNGO TSUCHIYA[TRON](model), AFLO, GETTY IMAGES(collection & snap) / styling:CHIAKI FURUTA / hair:HORI[BE NATURAL] / make-up:YUMI ENDO[eight peace] / model:MAYUMI SADA / text:NAO MANITA[BIEI]

otonaMUSE 2022
7月号より

Pickup

Weekly ranking