FASHION

SUN.06.12
2022

スタイリスト樋口かほりさんに聞く
「夏のモノトーン」お買い物リスト15

絶対的な信頼感がある、白と黒の服。とにかくこの2色にものすごく依存している私たちなので、もちろんこの夏もハズせません! 安心安全のカラーだからこそ、いつもと違うアイテムを買い足してみたり、積極的にアップデートしていきましょ♡

樋口かほりさんが厳選!
初夏のモノトーンお買い物リスト

「ギンガムのドレス(a)やドットのスカート(b)、ちょっと自分には甘いかもっていう柄も意外といけちゃいます。ギンガムのドレスは足首が見えない程のマキシ丈で、着るとまた可愛いし♡」(樋口さん、以下同)

a ギンガムチェックドレス¥46,200(ホリデイ)

b ドットスカート¥17,600(ノーブル/ノーブル 有楽町マルイ店)

「ニットキャミ(c)、サングラス(d)、カゴバッグ(e)は海のおともにしたくてセレクトしました。大人ともなるとビーチでもモノトーンくらいがホッとします(笑)」

c ニットキャミ¥3,290(ザラ/ザラ カスタマーサービス)

d サングラス¥47,300(ボッテガ・ヴェネタ/ケリング アイウエア ジャパン カスタマーサービス)

e バッグ¥29,700(メゾン エヌ アッシュ パリ/プルミエ アロンディスモン)

「あとは、丈が短い白のポロ(f)を白いメンズライクなスラックスとかに合わせて着たら新鮮かなと。ミリタリーパンツ(g)も白タンクと着たい! ローファー(h)をはいて足元まで真っ白にしても素敵!」

f ポロシャツ¥17,600(ポロ ラルフ ローレン/ラルフ ローレン)

g パンツ※ベルト付き¥33,000(ギャルリー・ヴィー/ギャルリー・ヴィー 丸の内店)

h ローファー¥126,500(ジェイエムウエストン/ジェイエムウエストン 青山店)

「そして鉄板なのは、脚がキレイに見える黒のパンツ(j)と黒のロングブーツみたいに使えるラバーブーツ(k)。オーバーオール(l)も黒&レザーだと子どもっぽくならなくて◎」

j パンツ¥2,799(リエディ/ネオグラフィック)

k ラバーブーツ¥18,700AIGLE/エーグル カスタマーサービス)

l オーバーオール¥107,800(アパルトモン/アパルトモン 青山店)

「大きめのシュシュ(m)やドットのカチューシャ(n)もモノトーンなら挑戦できそうですよね。アクセでいうとパールのネックレス(o)が定番ですが、Tシャツに合わせるのが好きなので、ひとつ短いのを持っていると便利だなと思います」

m シュシュ¥3,300(メゾン エヌ アッシュ パリ/スティーブン アラン シンジュク)

n ドットカチューシャ¥5,500Chapeau d OChapeau d O 東急プラザ銀座店)

o パールネックレス※ロングのパールネックレスとセット¥6,490(アンタイトル)

Tをモダンなフォルムのセットアップでリフレッシュ。ジャケット¥79,200、パンツ¥35,200(共にHYKE/ボウルズ)、ノースリーブTシャツ¥8,250(オーラリー)、サングラス¥30,800BLANC)、ピアス¥42,900、バングル¥155,000(共にシャルロット シェネ/エドストローム オフィス)

いかがでしたか? 次回はスタイリスト樋口かほりさんによる、洒落見えする初夏のモノトーンコーデをご紹介します。お楽しみに!

photograph:ARATA SUZUKI[go relax E more](model), MAYA KAJITA[e7](still) / styling:KAORI HIGUCHI[KIND]
/ hair&make-up:TOMOKO OKADA[TRON] / model:YU HIRUKAWA

otonaMUSE 2022
7月号より

Pickup

Weekly ranking