FASHION

WED.07.13
2022

「デニム」と好相性なジュエリーと時計の
最旬レイヤードテクを指南

大人になればなるほど、時計やジュエリーこそが装いの決め手になる、という思いを新たにします。エターナルな定番から、トレンドを強く感じさせるものまで、それぞれと上手く付き合えたら、もっとおしゃれが楽しく上手になる、そんなコツを皆様に。

CHANEL
デニムのカジュアルコーデに
3
色のゴールドのミックススタイリングが新鮮!

遊び心のあるデニムコーデを更に盛り上げるように、あえてカラーの異なるゴールドを組み合わせたジュエリーのスタイリング提案です。カジュアルな中にもクラス感を感じさせられるのは、やはり老舗メゾンのプロダクトの力。大人だからこそ着こなせるこんなスタイルを、今年の夏はぜひ。

ジャケット¥92,400(カオス/カオス表参道)、ビスチェ¥47,300(ロク/ビオトープ)、デニム¥41,800(トゥ モン トレゾア/エドストローム オフィス)

【着用アイテム】左から:時計 プルミエール[SS]¥555,500、リング ココ クラッシュ[YG]¥484,000、リング ココ クラッシュ[BG×DIA]¥489,500、リング ココ クラッシュ[WG]¥363,000、ピアス ココ クラッシュ[BG×WG]¥1,056,000(全てシャネル)

スキンジュエリーは
素肌に輝きをのせる感覚で

再びブームのスキンジュエリー。繊細なチェーンは素肌に直接のせるのがオススメ。香りを纏うような感覚で着けられたらいいですよね。ジュエリーそのものが華奢だから、素材は上質なものを選びたい。手軽に色っぽくなれるので、何か物足りないなっていう日にさらっと着けて。

ニットタンクトップ¥5,400(スナイデル/スナイデル ルミネ新宿2店)、デニムパンツ¥27,500(ホリディ)

【着用アイテム】左から:ロングネックレス[K18YG]¥198,000、チェーンピアス[K18YG]¥99,000、チェーンリング[K18YG×DIA]¥138,000、リング[K18YG]¥69,300(全てトーカティブ/トーカティブ 表参道)

大人なゴールドレイヤードには
肌を出さないコーデが正解

比較的ユニセックスなゴールドジュエリーをレイヤードしたいとき。ミューズ世代なら、大人の上品さをキープしつつ、カジュアルにまとめたいものです。そんな時はあえて服もメンズライクに。タフなスタイルにジュエリーを重ねて合わせると意外と好バランス。マニッシュなムードにまとまります。

デニムジャケット¥19,910(アンクレイヴ ホワイト/アンクレイヴ)、タンクトップ¥8,8008100/ロンハーマン)、デニムパンツ¥41,800(トゥ モン トレゾア/エドストローム オフィス)、眼鏡¥44,700(オリバーピープルズ/ルックスオティカジャパン カスタマーサービス)

【着用アイテム】左上から時計回りに:リング[SV925×K18YGコーティング]¥14,300、ピアス[SV925×K18YGコーティング]¥22,000(共に4℃/エフ・ディ・シィ・プロダクツ)、チェーンネックレス[SV925×K18YGコーティング]¥26,400(アルティーダ ウード)、リングカフ[SV925×YG×淡水パール]¥13,200、リングカフ[SV925×YG×淡水パール]¥14,300(共にエテ)、ブレス[合金×YGコーティング]¥13,200(ジュエッテ)

いかがでしたか? 次回はカラーコーディネートに敢えて合わせたいカラージュエリー&ウォッチ編。真夏のシーズンにトライしたいコーデと合わせてご紹介します。

photograph_SHOHEI KANAYA(model),ASA SATO(still) / styling_KASUMI KATO hair & make-up_KYOHEI SASAMOTO[ilumini.]
/ model_YOUN-A

素材の略号:YG=イエローゴールド、WG=ホワイトゴールド、BG=ベージュゴールド、GP=金メッキ、DIA=ダイヤモンド、SV=シルバー、SS=ステンレススチール

otonaMUSE 2022
8月号より

Pickup

Weekly ranking