FASHION

WED.07.20
2022

自由気ままにミックス! カラーコーデ
on
カラージュエリーという選択。

大人になればなるほど、時計やジュエリーこそが装いの決め手になる、という思いを新たにします。エターナルな定番から、トレンドを強く感じさせるものまで、それぞれと上手く付き合えたら、もっとおしゃれが楽しく上手になる、そんなコツを皆様に。

「デニム」と好相性なジュエリー&ウオッチ

ストーンリングはノールールで。
自由なカラーミックスを楽しむ

ルールなんて考えずに、好きな石を好きなだけ着けちゃう。そんなジャンク感も夏らしくて季節的に特に楽しいもの。服もあえてカラフルにして、思いきりパンチのきいたコーデっていうのも、今っぽくて清々しい。

タンクトップ¥8,800(ル フィル/ル フィル NEW Man 新宿店)

【着用アイテム】上から:リング[SV×K18GPコーティング×クオーツ]¥88,000、リング[SV×K18YGコーティング×ターコイズ]¥112,200、リング[SV×K18YGコーティング×クリソプレーズ]¥110,000(全てボロロ)

人気再燃のターコイズは
イヤリングくらいのさり気なさがいい

今季ジワジワ人気が高まっているターコイズ。かつてのブームを知っているミューズ世代としては、若干の気恥ずかしさもあるので、控え目に身に着けるのが正解。小さくても存在感があるからコーデを引き立てる、名脇役になってくれます。

ネックレス[SV]¥31,900(ハルポ/エスケーパーズオンライン)、タンクトップ¥8,8008100/ロンハーマン)、ショートパンツ¥44,000(マディソンブルー)

【着用アイテム】イヤリング[SV×ターコイズ]¥64,900(ハルポ/ロンハーマン)

ボヘミアンテイストのネックレスに
あえてのデジタルウォッチがオトナ

1石のカラーストーンジュエリーももちろん素敵だけれど、こんな遊びのあるタイプもいい。クラス感を残しつつも、程よいカジュアルさがありTシャツなどにも合わせやすいはず。時計は機能性とスタイリッシュさが共存するアップルウォッチを。ポップなカラーのラバーベルトがポイントに。

タンクトップ¥9,350(アニエス べー プール アダム ロペ)、パンツ¥15,400(アダム ロペ/共にアダム ロペ)

【着用アイテム】右から:ピアス[SV×K18GP×クリソプレーズ×コーラル×ガラス×パール]¥69,300(グレイン モートン/ロンハーマン)、アップルウォッチ¥48,800〜(Apple Watch Series 7Apple Storeコールセンター)、レインボーネックレス[SV×K18GP×コーラル×コーラルカメオ×オパール×ターコイズ×ヴィンテージガラス×ラインストーン]¥88,000、雲ネックレス〈中〉[SV×K18GP×アメジスト×アゲート×カーネリアン×ラピスラズリ×アイオライト×スワロフスキークリスタル]¥97,900(共にグレイン モートン/ロンハーマン)

いかがでしたか? 次回は旬なパール使いをオススメアイテムと合わせてご紹介します。

photograph_SHOHEI KANAYA(model),ASA SATO(still) / styling_KASUMI KATO hair & make-up_KYOHEI SASAMOTO[ilumini.]
/ model_YOUN-A

素材の略号:YG=イエローゴールド、WG=ホワイトゴールド、BG=ベージュゴールド、GP=金メッキ、DIA=ダイヤモンド、SV=シルバー、SS=ステンレススチール

otonaMUSE 2022
8月号より

Pickup

Weekly ranking