PR

Theory

Theory Project by Lucas Ossendrijver】梨花が着る注目の「セオリー プロジェクト」

NY発の人気ブランド「Theory」が、ファッションデザイナー、ルカ・オッセンドライバーとタッグを組んだカプセルコレクション「Theory Project by Lucas Ossendrijver」を発表!

彼はエディ・スリマンの下、ディオール オムで活躍後、アルベール・エルバスと共にランバンでメンズウェアのアーティスティックディレクターを長年務めた人物。洗練されたエレガンスが光る最新作を、梨花が着こなします!

ローファーは参考商品、ソックスは本人私物

プルオーバータイプのフーディードレスは、襟ぐりと裾に施されたドローコードで絞りを調節することで、表情を変えて楽しめる1枚。リサイクルナイロンで作ったファブリックを使用し、環境に優しい配慮がされているところもポイント。

滑らかな肌触りと上品な微光沢がスタイルのクラス感をアップしてくれるシルクジョーゼットを使ったブラウスとスカート。どちらもミニマルなフォルムの隅々に、メンズのデザインを数多く手がけたルカらしい緻密で細やかな仕立ての美しさが光ります。低め位置のパッチポケットが特徴のポロブラウスは、通常のアームホールとは異なり、デザインされた切り替えで可動域が広くリラックスした着心地。コンテンポラリーなモダニティ薫る女性らしさがセオリーらしい。

スカーフを巻いたようなボリュームタイがエレガントなマキシドレスも、今コレクションのキーピース。裾にいくにつれ、ゆるやかに広がるティアードシルエットは、左裾には深めのスリット入り。落ち感のある軽やかでドレーピーな素材の質感も相まって、ドレスアップする高揚感を運ぶ1枚です。梨花が着たフラワープリントの他に、無地のブラックとブラウン、ベージュカラーもあり。

ドレス¥49,500※伊勢丹新宿店限定(共にセオリー/リンク・セオリー・ ジャパン)、シューズは本人私物

キルトステッチがアクセントのボンバージャケットは、襟ぐり・カフス・裾のリブ部分だけ、あえて配色に。スポーティなフォルムに対し、光沢感が上品な素材をマッチングしたバランス感も、さすがルカと唸りたくなるデザインです。ネイビー、グレー、ブラックというシックな色の重なりが、洗練されたインテリジェンスを感じさせるコーディネートは、ぜひトータルで真似したい!

今季らしいレイヤリングルックで光るのは、仕立ての美しさ。ルカ・オッセンドライバーがメンズの世界で磨き上げてきたテーラリングテクニックが反映されたジャケットやパンツはマストバイです。なかでも丈が長いダブルブレストジャケットは、上質なウールとリサイクルポリエステルを混紡した二重織りのアウター素材を用いており、コートライクにも使える1着。ピークドラペルでフォーマルな印象ながらも、ストレートラインでスタイリッシュなデザインは、ウールパンツだけでなくデニムやドレスと合わせてカジュアルに使っても素敵!

ドレス¥49,500※伊勢丹新宿店限定(共にセオリー/リンク・セオリー・ジャパン)

ニット素材のヘンリーネックトップスとサテン地のプリーツスカートがコンビになったドレスは、1枚でスタイリングが完成する魅力的なアイテム。ニット部分はメリノウールを使用しているので、保温性と通気性を兼ね備えているだけでなく、肌触りがいいのも特徴。胸元のポケットに施された、メンズライクな配色のラインがハンサムなアクセントに。

お問い合わせ先 
リンク・セオリー・ジャパン 
03-6865-0206

THEORY ONLINE STOREはこちら THEORY PROJECT 特集ページはこちら

styling & modelRINKA / photograph: KEIICHIRO NAKAJIMA [SIGNO] / hair: SHINGO SHIBATA [eight peace] / make-up: KOUTA [GLASSLOFT]

Pickup

Weekly ranking