FASHION

MON.09.19
2022

セミフレアで脚長効果も!「ヤヌーク」のブラックデニムで作る、初秋の着まわし4コーデ

究極、我々はデニムさえあれば生きていけるんです! それを実証するのがこの着まわし企画。4本のデニム+ミニマムなワードローブでミューズ的ベーシックスタイルを堪能して。今日は「ヤヌークのブラックデニム」を使った着まわしコーデをご紹介!

「オーラリーのブラウンデニム」で着まわし!

着まわしたアイテムはコレ!
YANUKのブラックデニム」

ハイウエストのセミフレア。ストレートに近いブーツカットで、ひざ下からのフレアの丈がやや長く脚長に見せてくれる効果も。¥26,400(ヤヌーク/カイタックインターナショナル)

DAY1
デニムの日もやっぱりモノトーンが好き♡

ブラックデニムでモノトーンコーデを。フリルのブラウスにソックス+ストラップシューズのロマンティックなセットも、デニムのおかげで甘過ぎない印象。きっとミューズ世代が好きな着こなし。

ブラウス¥51,700(ブリエンヌ/イエナ ブークル ニュウマン新宿店)、ジャケット¥162,800(マリア マクマナス/ウィム ガゼット ルミネ新宿店)、ピアス¥13,200(エナソルーナ)、バッグ¥21,780(ノマディス/ノーベルバ)、ソックス¥2,090(ビューティ&ユース/ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 丸の内店)、パンプス¥30,800(ファビオ ルスコーニ/ドレステリア 渋谷スクランブルスクエア店)

DAY2
迷ったら黒を着て

着る服に迷った日は黒を選べば間違いナシ。足元までALL黒のコーデにカジュアルな要素をプラスするべく、スエットを腰に巻いてフィニッシュ。

タンクトップ¥7,700(ハイク/ボウルズ)、腰に巻いたスエット¥19,800(ロエフ/ユナイテッドアローズ 渋谷スクランブルスクエア店)、ピアス¥13,200(パティエラ/エレメントルール カスタマーサービス)、リング[右手人差し指]¥22,000、[右手薬指]¥19,800、[左手]¥52,800(全てエナソルーナ)、バッグ¥38,500(ブロンズエイジ/スティーブン アラン シンジュク)、ブーツ¥47,300(ピッピシック/ベイジュ)

DAY3
甘さをモードにシフト

ブラックデニムを挟むことで、ピンクのサテンドレス×白ブーツのガーリーな配色もこなれた印象に。肩掛けのブラックジャケットでコーデ全体を引き締めます。

ジャケット¥162,800(マリア マクマナス/ウィム ガゼット ルミネ新宿店)、キャミドレス¥44,000(エストネーション)、ピアス¥15,400、ネックレス¥14,300(共にパティエラ/エレメントルール カスタマーサービス)、ブーツ¥29,700(ユナイテッドアローズ/ユナイテッドアローズ 渋谷スクランブルスクエア店)

DAY4
動きやすさを重要視

ストレッチがきいていて、柔らかいはき心地のブラックデニムは、ビーサンでラフに振りきって。Tシャツに半袖ニットの重ね着もこの季節にはかなり重宝します。

半袖ニット¥80,300(マディソンブルー)、中に着たTシャツ¥6,380(ザ シンゾーン/Shinzone 表参道店)、サングラス¥20,900(ロンハーマン)、バッグ¥19,800(パピルス/アイネックス)、サンダル¥11,000(ティキーズ/ユナイテッドアローズ 渋谷スクランブルスクエア店)

いかがでしたか? 次回は、今季らしいワイドデニムを使った着まわしコーデをご紹介します。お楽しみに!

photograph:SHOHEI KANAYA(model),MAYA KAJITA[e7](still) / styling:KAORI HIGUCHI[KIND] / hair&make-up:TOMOE NAKAYAMA
/ model:YU HIRUKAWA

otonaMUSE 2022
10月号より

Pickup

Weekly ranking