FASHION

TUE.09.27
2022

ワイドデニムで旬顔に!「リーバイスⓇ」のインディゴデニムで作る、初秋の着まわし4コーデ

究極、我々はデニムさえあれば生きていけるんです! それを実証するのがこの着まわし企画。4本のデニム+ミニマムなワードローブでミューズ的ベーシックスタイルを堪能して。今日は「リーバイスⓇのワイドデニム」を使った着まわしコーデをご紹介!

「ヤヌークのブラックデニム」で着まわし!

着まわしたアイテムはコレ!
「リーバイスⓇのインディゴデニム」

センタープレス&裾の折り返しがポイントで生地も柔らか。ワイドデニムは今季らしさもアピールできてオススメ。¥33,000Levis Vintage Clothing/リーバイ・ストラウス ジャパン)

DAY1
たまにはドレスが主役

ドレスを1枚で着るときとはまた違ったおしゃれが楽しめてオススメ。少し肌が見えているなど、上半身が重たくならないように意識すると、バランスよく。

キャミドレス¥44,000(エストネーション)、スエット¥19,800(ロエフ/ユナイテッドアローズ 渋谷スクランブルスクエア店)、リング[左手人さし指]¥28,600(エナソルーナ)、[左手中指]¥33,000(ヌゥ ユゥ/アイネックス)、パンプス¥24,200(ユナイテッドアローズ/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店)

DAY2
ガーリーカジュアルの日

ボウタイブラウス=クラシカルなアイテムこそ、カジュアルに寄せるのが正解。インディゴデニムに直球でカジュアルなスニーカーを。サングラスもポイントに。

ブラウス¥51,700(ブリエンヌ/イエナ ブークル ニュウマン新宿店)、サングラス¥39,600(アイヴァン/アイヴァン 東京ギャラリー)、手に持ったストール¥165,000(ハイク/ボウルズ)、バッグ¥24,200(センシ スタジオ/アパルトモン 青山店)、スニーカー¥11,000(ムーンスター/ムーンスター カスタマーセンター)

DAY3
グリーン×ブルーの配色で
気分までリフレッシュ

インディゴデニムはカラーパンツのような感覚で楽しんでみて。ざっくりとしたオーバーシャツは色合わせを楽しむべく、羽織りとして投入。小物の色みも計算してあげると表情豊かに。

シャツ¥20,900(ポロ ラルフ ローレン/ラルフ ローレン)、中に着たタンクトップ¥7,700(ハイク/ボウルズ)、バッグ¥30,800(オルセット/プルミエ アロンディスモン)、パンプス¥24,200(ユナイテッドアローズ/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店)

DAY4
ゴールドの小物がアクセント

マリンなスタイリングはゆるっとしたラフな感じがポイント。インパクト大なゴールドのパンプス&大きなピアスがハズしになって、着こなしをアップデートしてくれる。

ボーダートップス¥18,150(ウィム ガゼット/ウィム ガゼット ルミネ新宿店)、ピアス¥62,700(ヌゥ ユゥ/アイネックス)、バッグ¥11,000(ペタ アンド ジェイン/ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム)、パンプス¥35,200(ピッピシック/ベイジュ)

いかがでしたか? 次回ラストは、ディーゼルの90年代風ルーズデニムを使った着まわしコーデをご紹介します。お楽しみに!

photograph:SHOHEI KANAYA(model),MAYA KAJITA[e7](still) / styling:KAORI HIGUCHI[KIND] / hair&make-up:TOMOE NAKAYAMA
/ model:YU HIRUKAWA

otonaMUSE 2022
10月号より

Pickup

Weekly ranking