FASHION

MON.09.26
2022

「デニム」で軽やかに秋冬トレンドを攻略! 合わせるジャケットはツイードかビッグサイズの二択。

来る秋冬シーズンの主流トレンドは、レディおよびクラシカルな薫り。ミューズ世代には少々懐かしくもあるこのテンション、どう着るのがベスト!? その答えは“デニム合わせ”でした。今回は秋冬の数あるトレンド服から、デニムを合わせることで気負わずイージーに、さらりと攻略できちゃうジャケットをピックアップ!

【ルーズorセミフレア】今季ミューズが選ぶべき2つの「デニム」シルエット

【×ツイードジャケット】
モダンな表情の1枚を選んで
デニムでNOTクラシカルに

幾度となくトレンドストリームに浮上してくるツイードジャケットだけど、大人カジュアルを信条とするミューズ世代としては、ツイード特有のエレガントさが放つオケージョン感に少なからず苦手意識を持つ人も。その先入観、一旦クリアにしてみてください。今季は記事最上部のせりさん然り、デニムになじむデザインが例年以上に豊作なんです!

Runway photos: 左からVERSACE, MIU MIU, MIU MIU

ボリューム感たっぷりのルーズデニムで小気味よくドレスダウンさせたい、オーセンティックな黒。¥24,200(アルページュストーリー/アルページュストーリー プレスルーム)

清涼感と華やかさのある佇まい。浅いサックスブルーのユーズドライクなデニムにマッチしそうな予感。¥220,000(シクラス)

デニムの表情を問わず、幅広く合わせられそうな守備範囲広めの赤みカラー。¥42,900(ジャーナル スタンダード レサージュ/ジャーナル スタンダード レサージュ 原宿店)

【×ビッグジャケット】
ビッグサイズで作る極端な
バランスが圧倒的に旬!

シンプルなテーラードもエターナルな定番柄も、そしてレザーも。今シーズンはオーバーサイズを選んでこそ。ランウェイでも多く見られた、袖もレングスも長めで、肩を落とした大きめのサイズ感が今っぽさを高める決め手です。デニムをブーツインして足元に重量感を持たせるフィニッシュが、全身バランスもとりやすくてデイリー向き。

Runway photos: 左からPRADA, LOUIS VUITTON, PRADA

前をあけて無造作に羽織るもよし、共布ベルトでウエストシェイプするもよし。使い勝手抜群の千鳥柄。¥61,600(レリタージュ マルティニーク/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町)

スタンダードなネイビージャケットは、Tシャツ×デニムのようなシンプルタッグにこそ映える一着。¥44,000(セピエ/ガリャルダガランテ 表参道店)

経年変化と共に味が出るのを楽しめるレザージャケットはこなれ感も十分。薄色デニムでさらりと着たい。¥148,280(ナヌーシュカ/ヒラオインク)

記事最上部の衣装クレジット SERI:デニムパンツ¥29,700、ジャケット¥74,800、シャツ¥29,700(全てサードマガジン)、バッグ¥33,000(ユナイテッドアローズ/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店)、MAYUMI:デニムパンツ¥25,850(サージ/ショールーム セッション)、ジャケット¥168,300(イザベル マラン)、カットソー¥8,250(ル フィル/ル フィル ニュウマン 新宿店)、ネックレス¥206,800(ソフィー ブハイ/エスケーパーズオンライン)、ブーツ¥68,200(ピッピシック/RHC

いかがでしたか? 次回はシアーニットとクロップト丈ニットを合わせたコーディネートとおすすめアイテムをご紹介します。お楽しみに!

photograph:KIYOE OZAWA(model), MAYA KAJITA[e7](still), Aflo(runway) / styling:KASUMI KATO / hair:HORI[bNm] / make-up:AIKO ONO / model:MAYUMI SADA, SERI IWAHORI / text:NAO MANITA[BIEI]

otonaMUSE 2022
10月号より

Pickup

Weekly ranking