FASHION

SUN.10.16
2022

大人にちょうどいい「トレンドの適温」は加藤かすみが知っている!【後編】

トレンドをどう落とし込むのが正解なのか、その適温を一番よく分かっているのが、スタイリスト・加藤かすみなのではないかと。「いつもとちょっと違うくらいでいい」というかすみさんの、今季リアルに取り入れたいトピックスを教えてもらいました。

クロップトニット、ビッグショルダージャケットetc. 前編はこちら

VEST
分かりやすく流行ってる
ベストはモノトーンが狙い目

「展示会で見かけたアイテムNo.1がベストでした。重ね着の提案も今年っぽいので、持っておくと便利だと思います。着やすさでいえば、やっぱり白か黒。ワントーンコーデに取り入れると頑張ってる感も出なくて失敗しません」(加藤さん、以下同)

フワフワ感が可愛いニットベストは、シンプルなカットソーに重ねることで、程よい甘さで着られます。大人が着るなら、クルーよりもVネックのほうがほっこりしなくてオススメ。光沢のあるシルクのパンツを合わせるなど、ワントーンでもそれぞれ質感の違うアイテムを選ぶとメリハリが出ます。ベスト¥82,500、カットソー¥31,900、シルクショートパンツ¥71,500(全てブラミンク)

キレイめのベストをプラスすることで洗練された雰囲気に。シアートップスが着たいけどインナーの透けが気になる、という人にもベストの重ね着はオススメ。ベスト¥31,900、スカート¥28,600(共にガリャルダガランテ/ガリャルダガランテ 表参道店)、タートルネックトップス¥13,200(ザ ポーズ/ウィム ガゼット ルミネ新宿店)、ブーツ¥66,000(ピッピシック/RHC ロンハーマン)、ネックレス¥394,900(トムウッド/トムウッド プロジェクト)

MINI BOTTOM & BOOTS
ブーツとのセットで
やっとミニをはける季節が到来!

「ミニブームこそ、この季節を待ってましたね(笑)。春にオトナミューズでもミニ企画をやりましたが、なかなか挑戦しづらかったかも!? 大人はそんなに脚を出せないというのが現実で。ぜひブーツと合わせて楽しんでください」

タイトなミニスカートにビッグなスタジャン&ゴツめのブーツのバランスが今っぽい。ミニスカート¥22,000、プルオーバー¥33,000(共にエイチ ビューティ&ユース)、ブーツ¥157,300(セルジオ ロッシ/セルジオ ロッシ カスタマーサービス)、スタジャン¥97,900(アンスクリア/アマン)

カジュアル派が挑戦しやすい、スポーティなショートパンツとゴツめのロングブーツの組み合わせ。キレイ色ニットもアクセントに。ショートパンツ¥33,000(オム ガールズ)、ブーツ¥104,500(ギア ボルギーニ)、ニット¥27,500(全てエイチ ビューティ&ユース)

女っぽい着こなしが好きな人は、レザーのミニ×ニーハイブーツを。ボアのカラーコートで可愛らしさもプラスオン。レザーミニスカート¥44,000、ボアコート¥58,300(ティーコート/共にサードマガジン)、ニーハイブーツ¥50,6002.718/ウィム ガゼット ルミネ新宿店)、カットソー¥10,450(エイチ ビューティ&ユース)

NIGHT OUT
“キラキラ”はやり過ぎ厳禁!
さり気なく可愛さをMIXして

「ナイトアウトに出かけるかのような華やかなルックからピックアップした、リアルな提案がこちら。ラメ混のニットやアウター、キラッとした靴くらいがちょうどいいかなって思います。でも、これだけで随分違って見えますよ!」

いつものニットを、展示会でもたくさん見かけたラメ混ニットに替えるだけで旬なムードに。黒やグレーなど、ベースが控えめなトーンのものを選ぶと子どもっぽくならなくて◎。これは袖にボリュームがあって、より華やかな印象。プルオーバー¥99,000、スカート¥99,000(共にブラミンク)、ピアス¥75,900(ソフィーブハイ/エスケーパーズオンライン)

右から順に:ほんの少し華やか、その塩梅が◎。パンプス¥35,200(ピッピシック/ベイジュ)、挑戦しやすい1枚。ニットプルオーバー¥28,600(マカフィー/トゥモローランド)、クラシカルなデザインも今季っぽい。ジャケット¥204,600(マディソンブルー)、サンダル¥169,400(ジャンヴィト ロッシ/ジャンヴィト ロッシ ジャパン)

Runway photos: 上からAcne Studios, ISABEL MARANT, GIVENCHY, BOTTEGA VENETA

いかがでしたか? 次回は今季ぜひ取り入れたいピンクアイテムにフィーチャーします。お楽しみに♡

photograph:REMI HASEGAWA[s-14](model), MAYA KAJITA[e7](still), AFLO / styling:KASUMI KATO / hair&make-up:KOUSUKE HIROSE / model:RENA TAKESHITA

otonaMUSE 2022
11月号より

Pickup

Weekly ranking