FASHION

WED.11.16
2022

着るスエットを巻いて家を出る、賢明な選択【スタイリスト樋口かほりさんによる シンプル派のための重ね着ガイド】

着るスエットを巻いて家を出る、賢明な選択【スタイリスト樋口かほりさんによる シンプル派のための重ね着ガイド】比留川游

シンプル派の我々も、今季はトレンドのレイヤードスタイルを楽しみたい。いつもの服がちょっと楽しくなる重ね着テクニックを、スタイリスト樋口かほりさんに教えてもらいました。

基本は黒のタートルネックニット。インとアウトでこんなに違う! タートルネックニットは素材・柄で楽しさ無限大!

着るスエットを巻いて家を出る、賢明な選択

「肌寒く感じたら実際に中に着られるスエットを肩に巻きます。ジャケットやコートのインが薄着なのも好きですが、寒いと困るので(笑)。差し色にもなりますが、実際にちょっと巻くだけで首元が本当にあったかいんです」(樋口さん)

ロゴスエットが子どもっぽく感じる人でも、このチラ見え具合ならOKでしょう。サイズ感的にも実際にジャケットの中に着られるものを合わせてください。大人なんで。

着るスエットを巻いて家を出る、賢明な選択【スタイリスト樋口かほりさんによる シンプル派のための重ね着ガイド】比留川游

肩に掛けたスエット¥10,450(グッド ロック スピード/スピック&スパン ルミネ有楽町店)、ジャケット¥92,400(ザ・ニューハウス/アークインク)、中に着たタンクトップ¥2,750(プチバトー/プチバトー・カスタマーセンター)、パンツ¥25,300(カレンソロジー/カレンソロジー 新宿)、ローファー¥137,500(ジェイエムウエストン/ジェイエムウエストン 青山店)

着るスエットを巻いて家を出る、賢明な選択【スタイリスト樋口かほりさんによる シンプル派のための重ね着ガイド】

おしゃれで無理して巻くのではなく、実際着られるものを選んで。

 

もちろん巻くアイテムはニットでもOK。ジャケットやコートのインに肌が見える薄着が、今季特に可愛く感じますが寒さは我慢しないでください、大人なんで。

着るスエットを巻いて家を出る、賢明な選択【スタイリスト樋口かほりさんによる シンプル派のための重ね着ガイド】比留川游ニット

肩に掛けたニット¥25,300(ノーブル)、コート¥108,900、パンツ¥61,600(共にカルメイヤー/全てノーブル 有楽町マルイ店)、中に着たキャミソール¥12,100(ティッカ)、アームカバー¥16,500(アソース メレ/アイネックス)、バッグ¥30,800(エー・ピー・ビー/プラージュ 代官山店)、パンプス¥35,200(ピッピシック/ベイジュ)

まだまだ続く、樋口さんの重ね着テクニック指南。次は樋口さんならではの手元のテクニックです。ご期待ください!

Photograph_CHIHIRO TAGATA(model), MAYA KAJITA[e7](still) Styling_KAORI HIGUCHI[KIND] Hair & Make-up_NOBUYUKI SHIOZAWA[mods hair] Model_YU HIRUKAWA

otona MUSE 2022
12月号より

Pickup

Weekly ranking