FASHION

TUE.09.28
2021

スタイリスト安西こずえが教える
メンズ服の失敗しない着こなしテク6

そもそもメンズのスタイリングからキャリアをスタートした、COZ(こず)ことスタイリスト安西こずえさん。“メンズ服をどうやって取り入れたらいい?”の第一歩はCOZのウンチクをマスターすることが、失敗しないコツ。“なるほど!”が、いっぱい詰まったメンズ服の素敵な取り入れ方はコレ♥

あえてメンズなボリューム感が
可愛さを引き出す大人のミリタリー

メンズのジャケット〈サイズM〉¥82,500(ラグ & ボーン/rag & bone 表参道店)、ニット¥25,300(アストラット/アストラット 新宿店)、スカート¥75,900(イエンキ イエンキ/エストネーション)、ピアス¥12,650(シシ ジョイア/フィルグ ショールーム)、ネックレス¥39,600(カルヴィン ロバト/ロンハーマン)、靴下¥3,300(クルールン/ムロフィス)、ブーツ¥154,000(マノロ ブラニク/ブルーベル・ジャパン)、手に持ったキーホルダー¥31,900(ピエール アルディ/ピエール アルディ東京)

「この秋注目したいMA1調のフライジャケットは、ウィメンズにもあるけれど、往々にして女性のボディバランスに合わせてリサイズされたものがほとんど。でもこういうアウターこそ、まんまメンズサイズの大きいのをあえて女子が着ちゃうのが可愛いと思うのです。ボトムは思いきり女子に! 個人的にはミニスカート合わせがキュンとなる黄金バランス♥」(安西さん)

ヴィンテージさながらの加工に
出会えるメンズデニム

メンズのデニムパンツ〈サイズ2〉¥102,300、メンズのキャップ¥31,900(共にvisvim)、ユニセックスのシャツ〈サイズ48〉¥49,500(アンブッシュ®/アンブッシュ® ワークショック)、ニット¥56,100、ベルト¥36,300(共にマディソンブルー)、バッグ¥123,200(パコ ラバンヌ/エドストローム オフィス)、フラットシューズ¥97,900(ジミー チュウ)、ピアス[K18YG×淡水パール×DIA]¥36,300(ビジュードエム)、リング[K18YG×ブラックDIA×DIA]¥727,100(ミオ ハルタカ/共にビジュードエム ミオ ハルタカ ギンザシックス)

「キレイめなデニムパンツはウィメンズにたくさんあるけれど、ヴィンテージみたいないい感じの風合いのものはなかなか…。本当に古着で探そうとしても、女子にはサイズ直しが必要なことも多いし、これというものに出会うのは難しい。

でもモノづくりへのこだわりが強いメンズブランドなら、色落ちバランスやペイント使いなど、本物のヴィンテージもかくやというくらい本格的な加工を施した1本に出会えるの! このvisvim(ビズビム)のデニムは私も玲奈も欲しい! となった1本。最近の男子は細身な子も多いから、女性だってジャストなサイズもあります。はくときは思いっきり女子な靴やバッグで、可愛さをつけ足して」(安西さん)

サーマルの可愛さは断然! オーバーサイズ感

メンズのサーマルニット¥63,800※予定価格〈ワンサイズのみ〉(コズ マニュファクチャード バイ ラッピンノット/ウメダニット)、スカート¥39,600(ロンハーマン)、ハット¥16,500(マインデニム/マインド)、ネックレス¥79,200(ビジュードエム/ビジュードエム ギンザシックス)、バッグ¥5,500(ルシアン ペラフィネ/ルシアン ペラフィネ 東京ミッドタウン店)、アンクレット¥1,980(バーセルフ)、サンダル¥85,800JW アンダーソン/三喜商事)

「オーバーサイズで着てこそ可愛さを発揮するのがサーマル。なので、ジャストなサイズ感のウィメンズよりメンズのほうが断然可愛い! って断言できるくらい好き。細身のレギンスも相性いいけど、ガーリーなスカートを合わせてギャップを楽しむコーデが私的にはオススメ」(安西さん)

確固たるこだわりが詰まった
ジャケットはメンズに勝るものなし!

メンズのジャケット¥49,500〈サイズ38〉(N.ハリウッド コンパイル/ミスターハリウッド)、トップス¥38,500※参考価格(キムヘキム/エンメ)、レザーパンツ¥105,600(ザディグ ヴォルテール/ゼッドヴェー ジャポン)、サングラス¥49,500(レスカ ルネティエ/グローブスペックス エージェント)、カフブレス¥300,300(クロムハーツ/クロムハーツ トーキョー)、バッグ¥210,000(ルメール/スクワット/ルメール)

「そもそもメンズ発祥のアイテムは本家に勝るものはなし。特にジャケットは、仕立てやディテール、生地やボタンの選びなど、妥協のないこだわりと完成度はメンズならでは。N.ハリウッドには、女性が着やすいサイズ感が豊富なのでオススメです」(安西さん)

ウィメンズx違ったよさが光る
MEN'S MADISONBLUE

メンズのジャケット¥97,900〈サイズ4〉(マディソンブルー)、デニムシャツ¥194,700(クロムハーツ/クロムハーツ トーキョー)、パンツ¥28,600RHCRHC ロンハーマン)、ゴールドのリング¥253,000、シルバーのリング¥51,700(共にトムウッド/トムウッド プロジェクト)、ネックレス¥110,000(オール ブルース/エドストローム オフィス)、腕時計¥481,800IWC/江口時計店)、ベルト¥16,500(マディソンブルー)

「メンズのセオリーを熟知したMADISONBLUE(マディソンブルー)デザイナー・中山まりこさんの作るメンズジャケットは、やっぱり秀逸! オーバーサイズのジャケットでも“寅さん”にならないシルエットはさすが! って実感中」(安西さん)

メンズならではのユルいモード感。
部屋着にならないスウェットセットアップ

メンズのスウェットトップス〈サイズ38〉¥18,700、メンズのスウェットパンツ〈サイズ38〉¥16,500 (共にN.ハリウッド アンダーウェア/ミスターハリウッド)、メガネ¥57,200(アーレム/グローブスペックス エージェント)、チェーンブレス[SV925×ゴールドプレート]¥72,600(ビジュードエム/ビジュードエム ギンザシックス)、ネックレス[SV×ブラックDIA]¥792,000(クロムハーツ/クロムハーツ トーキョー)

「ウィメンズではなかなかお目にかかれないハーフパンツのスウェットのセットアップは、私自身も愛用中。こういうラフなアイテムも、生地感や仕立てに手を抜かないところがメンズ服のいいところ。胸元にはクロムハーツを。見る人誰もに“お!”っと二度見されるはず」(安西さん)

photograph:TISCH[MARE inc.] / styling:KOZUE ANZAI / hair:TETSUYA YAMAKATA[SIGNO] / make-up: YOUSUKE TOYODA[Rooster] / model:RENA TAKESHITA / text:MADOKA NABESHIMA / web edit:ANNA TOGASHI

素材の略号:K=金、YG=イエローゴールド、SV=シルバー、DIA=ダイヤモンド

otonaMUSE2021
10月号より

Pickup

Weekly ranking