FASHION

オトナミューズ編集部

オトナミューズ編集部

そう、夏の旅の始まりみたいで気分がいい。IN THE MOOD FOR SUMMER TRIP【風間ゆみえ連載】

PHOTO GALLERY

人生はひとりひとりが主人公の物語が集まってでき上がっているでしょ、だからね……と瞳を煌めかせて旅の話をしてくれたゆみえさん。この夏をときめかせ、主人公になり得るふたつのアイテムをお届けします。

日常を旅するバッグ

大きなエルメスの『ボリード』は以前よりずいぶん軽くなり、シェイプはほんのり縦長に姿を変え、ラインのきいたショルダーストラップが身軽さを楽しませてくれている。薄着になる夏はアンバランスに大きなバッグが似合うし、大人の旅というより、いつでも飛び立てるような自由な旅のワクワクさせられる感じ、この『ボリード』はそれに似た感じだ。大きなバッグにたくさん詰め込めるのがいいわけではなくて、ただ包容力がいい。バッグの中にスペースがあればあるほどそこには一瞬先のワクワクが広がる。

バッグ¥2,222,000、ブラウス¥378,400、スカート¥504,900、キャスケット¥302,500、ピアス¥422,400、バングル¥299,200(全てエルメス/エルメスジャポン)

若いころの私の旅は、日数分のシチュエーションごとにフルスタイリングした服、合わせる靴、バッグ、積読本、普段活かせていない美容グッズを楽しもうと、グローブトロッターのスーツケースを膨らませて、さらに空のトロッターをもうひとつ、お買い物して増えた荷物を詰め込むために持ち、さらに増えればスーツケースを買い足すような、今考えるとめまいがするほど全てがずっしりと詰まった、荷物もスケジュールも盛りだくさんの旅だったように思う。


旅慣れていたせいか、全く苦ではないというどころか、旅の達成感を得るほど(笑)。

 

楽しみでしかなかったことにも、自分ごとながら微笑ましい… そして、今、私はドイツのベルリンにいてこの原稿を書いている。ゴールデンウィークに暇していないかと生存確認LINEが友人たちから届き、驚かれて、なぜかときめかれてもいる(笑)。


しばらく海外に出たい気分にはならないでいたのに、突然思い立っての旅。フランクフルト行きのチケットだけおさえたまま、ポルトガルへ行こうか? クロアチアへ行こうか……思い巡らせたまま、ベルリン行きのチケットとホテルの手配をしたのは出発の前々日。

NEXT PAGE

photograph : DAEHYUN IM
hair & make-up: NOBUYUKI SHIOZAWA
[mod’s hair]

otona MUSE 2024年7月号より

FASHION TOP

EDITOR

オトナミューズ編集部

37歳、輝く季節が始まる! ファッション、ビューティー、カルチャーや健康など大人の女性の好奇心をくすぐる情報を独自の目線で楽しくお届けします。

SHARE

  • x
  • facebook
  • はてなブックマーク
  • LINE

Pickup

Weekly ranking

VIEW MORE