FASHION

SUN.04.24
2022

セットアップとかブラウンとか。
スタイリスト新居由梨が
今、リアルに欲しい服

いつもの着こなしからちょっとだけチェンジしてしっかり洒落見えしたい。ならば信頼できるスタイリストが自分でもリアルに着たいものにヒントがあるんじゃない? という仮説のもと、新居由梨さんに取材を敢行。今季ならではの変化やこだわりに共感&ヒントがたくさん詰まっていました。

スタイリスト 加藤かすみさん編

こなれたスーツ、着たいです

「シンプルなことで楽しみたいと考えて、年々着たくなってきたのがスーツ。といってもルーズシルエットで、作りはしっかりしているけど堅苦しさがないもの。ずっと探していたけどなかなか見つからないので、自分で作ったら思いのほか気に入って。これのおかげで、セットアップのよさを再確認しています」(新居さん、以下同)

ジャケット¥75,900、キャミソール¥11,000、パンツ¥42,900(全てザ・ニューハウス/アーク インク)、スニーカー¥14,850(エスエヌエス × ニューバランス/エスエヌエス トーキョー)、ピアス¥34,100、ブレスレット¥220,000(共にトムウッド/トムウッド プロジェクト)

「これは上のカットで玲奈ちゃんが着てくれているTHE NEWHOUSEのセットアップの色違い。ラベンダーです。Play it Chic=シックなことを楽しみたい気分なんですが、スーツの色まで落ち着いた色じゃなくてもいいかなって。大きめサイズが今、かっこいいと思います」

「ニューバランスも人生初の、自分的ブームなんです。去年の秋くらいから急にきましたね。今までニューバランス派だったことはないんですけど、デニムにも合うし、今着たいスーツスタイルにもバッチリ合う。最高! って。SNSとかの影響もあるのかもしれないけど、フシギですよね。でも楽しい!」 ニューバランスのスニーカーは新居さん私物、右:©sofiamcoelho

落ち着いたトーンの組み合わせ、
特にブラウン系が気になる

「スーツやセットアップではなくても、落ち着いた色合いで上下を揃える。とりわけブラウン系が気分です。実はこれまで、個人的に茶系って意識しないと取り入れてこなかった色なんですよ。ベージュはコートとか基本色として着るけどブラウンはちょっと……って。でも茶系って驚くほど色数も多いし、トーンも美しいし、媚びてないけど女性らしくてシックな印象。普段、黒が好きな人にもオススメしたいです、急に(笑)」

ジャケット¥170,500(コル ピエロ フォー エストネーション/エストネーション)、ジップフーディ¥39,600(ザ・ニューハウス/アーク インク)、スカート¥46,200AKIRANAKA/ハルミ ショールーム)、シューズ¥74,800(クレジュリー/エイチ ビューティ&ユース)、サングラス¥96,800(マイキータ/マイキータ ジャパン)

Tシャツ¥15,400(ワン オブ ジィーズ デイズ)、バッグ¥46,200(シタ パランティカ/共にアパルトモン 青山店)、パンツ¥27,500(エイチ ビューティ&ユース)、シューズ¥80,300(クレジュリー/ブルーベル・ジャパン)、キャップ¥12,100(サンセ サンセ フォー RHCRHC ロンハーマン)

ジャケット¥121,000AKIRANAKA/ハルミ ショールーム)、トップス¥13,200(ザ・ニューハウス/アーク インク)、パンツ¥52,800(ジョン ローレンス サリバン)、右耳ピアス¥14,850、左耳ピアス¥23,100(共にソワリー)

「いろんなブラウンを重ねてます!」左から:ニットカーディガン¥50,600(カルマイヤー/ドゥーズィエム クラス 青山店)、サンダル¥30,800(リトル ワン ヴィンテージ/シンゾーン 表参道店)、ジャケット¥217,800(コルヴィル/コロネット)、Tシャツ¥13,200(ギャルリー・ヴィー/ギャルリー・ヴィー 丸の内店)、ハット¥16,500(ラ メゾン リリス/ジャーナル スタンダード レサージュ 銀座店)

デニムはトラッド小物をきかせて

「例えばローファー、例えばベルト。それを使ってベーシックスタイルを作るというより、トラッドな小物を遊びとして取り入れる感覚ですね。デニムにきちんとベルトを巻いたり。そう思って探すとね、意外とないんですよ、レディス向けのトラッドなベルトって。今はデニムスタイルもフーディを合わせるとかより、上品なジャケットやパールネックレスをプラスします。カジュアルよりも、シックに」

ジャケット¥316,800(マディソンブルー)、Tシャツ¥6,380(ザ シンゾーン/Shinzone 表参道店)、デニムパンツ¥31,900(ビーサイド ジーンズ/ロンハーマン)、ベルト¥14,300(メゾン ボワネ/ジャーナル スタンダード レサージュ 銀座店)、ネックレス¥209,000(ミラモア/ミラモア ファイン ジュエリー)、イヤーカフ¥8,800、右手薬指リング¥13,750(共にソワリー)、ブレスレット¥1,372,000、左手人さし指リング¥227,000(共にヘリカルコード)

ローファー¥121,000(ジェイエムウエストン/ジェイエムウエストン 青山店)、ソックス¥2,750(ブルー フォレ/RHC ロンハーマン)

40代になってちょっとカッチリしたい気分なのかな? パールも今まで全然気にならなかったけれど、大粒過ぎないネックレスは使っています。ローファーに靴下、デニムはベルトして、トラッドな要素をアクセサリーのように足したいですね」ネックレス¥19,800(ソワリー/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店)

カットソーにこだわりを

「全体的にシックに遊びたい気分だからこそ、カットソー選びが重要で。大切に着られるもの、素材とか、形や縫製がいいものを探しています。自分のブランドでも、ひとつの製品を作る際に出た裁断くずが次の製品の糸になる取り組みができることになり。玲奈ちゃんが着てくれているのがそれですが、サステナビリティとかって製造者の責任であって、着る人は自由に着ることを楽しんでもらいたいんですよね」

トップス¥19,800(ザ・ニューハウス/アーク インク)、スカート¥51,700(ドゥーズィエム クラス/ドゥーズィエム クラス 青山店)、ピアス※シングル¥240,900(オー/ハルミ ショールーム)、リング¥495,000(ヘリカルコード)

「オーガニックコットンも好きですし、もの作りの上でサステナブルであることに作り手として責任を持って取り組んでいきたくて。都内にいい工房を見つけたんですよ! 自分でもじゃんじゃん着て買い替えていくのではなく生地や縫製のいいものを見極めて、長く着ていきたいですしね」左から:タンクトップ パープル、ピンク、イエロー 各¥8,800(ギャルリー・ヴィー/ギャルリー・ヴィー 丸の内店)、ベージュTシャツ¥9,900(ニュー オプティミスト/RHC ロンハーマン)

新居由梨さん Instagram

いかがでしたか? ぜひ今シーズンの着こなしの参考にしてみてくださいね♡

photograph:CHIHIRO TAGATA(model), MAYA KAJITA[e7](still) / styling:KASUMI KATO / hair & make-up:TOMOE NAKAYAMA / model:RENA TAKESHITA

otonaMUSE 2022
5月号より

Pickup

Weekly ranking