SNAP

SUN.04.17
2022

スナップ担当編集Iが分析!
「彼女が洒落てる理由」 vol.3
Tシャツ×パンツ編】

オトナミューズ本誌&ウェブで毎回人気を集める特集のひとつが、おしゃれ業界人のスナップ。この5年間で延べ数百人を取材をしてきたスナップ担当の編集Iがこれまでのミューズたちのスタイリングを細かく分析、みなさんの洒落てる理由について考察してみました。

vol.2 色使いを参考にしたいコーデ

【彼女が洒落てる理由3
シンプルなTシャツ×パンツにも
スタイルがある

Tシャツ×パンツという定番コーデでさえ、洒落た人は自分の色で個性豊かに着られるのだからすごい。ここでは5人のおしゃれミューズが、Tシャツのセレクトから着こなし方まで“MYスタイル”を披露してくれました。

▶︎ボーダーTシャツ

TOMORROWLANDSUPER A MARKETバイヤー
大城琴美さん


春夏のモノトーンが好きだという大城さんは、カジュアルなボーダーTにモードなレザーパンツが好バランス。さり気なくきかせたカラーネックレスとピアスもスタイリングのポイントに。

Tシャツ¥8,250(マカフィー)、レザーパンツ¥93,500(バッカ)、サンダル¥25,300(ファビオ ルスコーニ)、ネックレス¥20,900(エリウ)、ピアス¥22,000(エム/全てトゥモローランド)、GRANPIEで購入したピアス、Cartierの腕時計は本人私物

▶︎黒Tシャツ

UNITED ARROWS LTD. PR
網代佳奈さん

ベーシックな黒Tシャツをハイウエストのテーパードパンツで女っぽくスタイリングした網代さん。コントラストをきかせたモノトーン配色にゴールドジュエリーで華やかな雰囲気に。

Tシャツ¥9,900(ビューティ&ユース/ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 丸の内店)、JIL SANDERのパンツ、Haute Joaillerie AKIO MORIのネックレス、GIA BORGHINIのサンダル、TOM WOODのピアス、de Jaegherのシルバーリングは本人私物

▶︎ ロンT

Pelleqプレス
小森 愛さん


シンプルながら特徴的なシルエットを生かしたオールホワイトのセットアップスタイル。大ぶりのゴールドバングル、シルバーのブーツを合わせ、カジュアルな中にもモードな雰囲気を演出。

フットボールTシャツ¥23,100、パラシュートパンツ¥50,600(共にペレック/TAKU&Co)、ヴィンテージのバングル、Maison Margielaのブーツは本人私物

▶︎ ペインティングTシャツ

DES PRÉSバイヤー
高本千晶さん


カラフルなペインティングが存在感たっぷりのTシャツに、キレイめシルエットのパンツを合わせた、メンズライクなTシャツスタイル。サスペンダーやサンダルのレザーでトラッドな雰囲気に。

Tシャツ¥28,600(ジャンポールノット)、パンツ¥48,400(ベルナール ザンス×デ・プレ)、サスペンダー¥16,500(レフィージェ)、ネックレス¥17,600(ドウ)、シューズ¥50,600(クレジュリー/全てデ・プレ)

▶︎ Tシャツ

AP STUDIOバイヤー
大室有生さん


T×ブラックパンツのミニマルコーデが洒落てる大室さん。Tシャツの袖の折り返しや裾の着崩し方、手首まわりの小物使いなど、細部まで計算し尽くされた着こなしはさすがの一言。

Tシャツ¥12,100(エーピーストゥデイオ)、パンツ¥47,300(チノ)、チョーカー¥52,800(ガブリエラ アルティガス)、バッグ¥262,900(メゾン マルジェラ)、サンダル¥75,900(ジュゼッペ ザノッティ/全てAP STUDIO ニュウマン新宿店)、LIPの腕時計、手首に巻いたTHROWのバンダナは本人私物

いかがでしたか? 次回は主役にも外しにも、コーデのバランスの要であるバッグ&シューズ使いの上手なおしゃれミューズをご紹介します。

photograph:KAORI IMAKIIRE,SACHI KATAOKA,TAIJUN HIRAMOTO

otonaMUSE 2022
5月号より

Pickup

Weekly ranking