CULTURE

オトナミューズ編集部

オトナミューズ編集部

「30代で唯一の後悔は、旬を過ぎたオバサンだと思った時期があったこと」作家・LiLyが語る現在地

オトナミューズ人気連載「ここからは、オトナのはなし」終了、LiLyが語るこれから

今から10年前、オトナミューズ創刊前に発売された準備号を手に取ったLiLyさんが「エッセイを書くのはこの雑誌しかない!」と編集部に直談判。以来、ずっと胸の内をつづってきたこの連載は、2024年7月号で幕を閉じました。今の心模様は? 未来予想図は? 少しゆっくりお話を伺います。

神様の采配に身を委ねて
ひとまず筆を置くことにした

オトナミューズ人気連載「ここからは、オトナのはなし」終了、LiLyが語るこれから

―― 創刊から10年続いたオトナミューズでの連載が、ゴールを迎えることになりました。率直に今の心境を聞いてみたいです。


「10年という節目だからやめようと決めたのではなくて、書きながら『そろそろ区切りだ』と感じた、それが正直なところです。これってまさに人生そのもので、物事はコントロールができないからこそ、どこに行き着くのか分からない。そんな醍醐味を味わいながら書き続けてきました。今回は、そろそろ終わりかなと思ってそう書いたあと、ピタリ10周年だと気がついて。ならば、今はその流れに身を任せようって思ったんです」


―― ずっと自分の生き様をエッセイに書いてきた、LiLyさんらしいお話です。


「だってそのほうが、絶対に面白いものができあがるから。私の生きる哲学として『最後は神様の采配に委ねる』というものがあるんです。自分がしたいことを決断したら、もちろん9割は努力するけど、最後は神様に決めてもらう。私はピラティスの『FLOW』というクラスが好き。自分で未来への流れを全力で作ったら、あとはもう身を委ねて、神様にお任せする。そんなイメージです」


―― いろんなエッセイの形があるなかで、ここまで自らを赤裸々に書いてきた作家は少ないと思います。このスタイルはどうやってできあがったのですか?


「私はずっと、日記帳を片手に物事を考える、そんな子どもでした。親同士の絶えない喧嘩を見ながら『男女はどうすればもっと平和に愛し合えるのか』『私だったらこうやっていい家庭を作るのに』。そう頭の中で考えたものをとにかく書く。それが私のエッセイのベースです」

NEXT PAGE

photo:RK text:MAHO HONJYO illust:ekore

otona MUSE 2024年8月号より

CULTURE TOP

EDITOR

オトナミューズ編集部

37歳、輝く季節が始まる! ファッション、ビューティー、カルチャーや健康など大人の女性の好奇心をくすぐる情報を独自の目線で楽しくお届けします。

SHARE

  • x
  • facebook
  • はてなブックマーク
  • LINE

Pickup

Weekly ranking

VIEW MORE